フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 47 羅を裁つや亂るゝ窓の黍 | トップページ | 著者の孤獨  萩原朔太郎 »

2014/02/07

萩原朔太郎 弁慶 短歌八首 大正二(一九一三)年十月

   辨慶
                夢みるひと
 
        我(わが)がなつかしき
        魚屋(さかなや)のベンケイに
 
橋側(はしそば)の安酒場(やすさけば)こそまたなけれべんけい(ヽヽヽヽ)も來(き)て醉(ゑ)ひて唄(うた)へる
 
醉(ゑ)ひどれのかの辨慶(べんけい)も秋(あき)くれば路傍(ろばう)に立(た)ちて物(もの)を思(おも)へり
 
あはれなる色氣狂(いろきちがひ)の魚屋(さかなや)が我(われ)に教(おし)へしさのさ節(ぶし)かな
 
魚屋(さかなや)の赤(あか)き小鼻(こばな)を晩秋(おそあき)の酒場(さけば)の軒(のき)に見(み)るが哀(かな)しさ
 
居酒屋(ゐざかや)の暗(くら)き床(ゆか)をばみつめつゝ何思(なにおも)ふらむかゝる男(をとこ)は
 
ほの暗(くら)き床(ゆか)にこぼれし酒(さけ)を見てふとべんけいが叫(さけ)び出(いだ)せり
 
淫(みだ)らなるかの辨慶(べんけい)の諧謔(かいぎやく)も秋(あき)の酒場(さけば)にきけば悲(かな)しも
 
いかばかり悲(かな)しく彼(かれ)が眺(なが)むらむ酒場(さけば)の窓(まど)の赤(あか)き落日(らくじつ)
        (一九一三、一〇、酒場にて) 
[やぶちゃん注:大正二(一九一三)年十月二十六日附『上毛新聞』に標記通り、「夢みるひと」名義で掲載された八首連作。朔太郎満二十六歳。「辨慶」は前橋(?)の商店街の魚屋の屋号かその主人の綽名と思われるが、詳細は不詳。一首目などは明らかに名にし負はばの弁慶に、謡曲「安宅」や歌舞伎「勧進帳」の後半部を重ねた確信犯である。
 「酒場」のルビ「さけば」は全首に一貫した表現なので改めなかった(底本校訂本文では総て「さかば」と『訂』されてある)。
 三首目「教へし」のルビ「おし」はママ。
 六首目下句の頭「ふとべんけいが」は初出は「ふとべんけがい」。誤植として訂した。]

« 杉田久女句集 47 羅を裁つや亂るゝ窓の黍 | トップページ | 著者の孤獨  萩原朔太郎 »