フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 座布團   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和六(一九三一)年十二月 »

2014/02/23

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(3)

君にとて投げたる謎のとけもやらで

この春くれぬ悲しからずや

 

    從兄、姉どちと京都に

    あそびて

はらからが朝院參西の院

比叡(ひえ)やゝ寒き梅に參うでびと

 

[やぶちゃん注:原本は「參(まう)うでびと」であるが、底本全集校訂本文と同じく衍字と判断しつつも、校訂本文のように「參(まう)でびと」という『補正』を行わず、本文原型を壊さないように「まう」のルビを示さずに「う」を残した形とした。]

 

野よりいま生まれける魂(たま)幼(おさな)くて

一人しなれば神もあはれめ

 

[やぶちゃん注:「幼(おさな)くて」の「幼」は原本では「※」=「糸」+「刀」であるが、以下の公開作から誤字と断じて校訂本文と同じく「幼」の字を採った。「おさな」のルビはママ。朔太郎満十六歳の時の、『明星』卯年第八号・明治三六(一九〇三)年八月号の「無花果」欄に「萩原美棹」の名義で掲載された五首の巻頭歌、

 

 野より今うまれける魂をさなくて一人しなれば神もあはれめ

 

と表記違いの相同歌。]

 

天地に水ひと流れ舟にして

君とありきとおぼへしや夢

 

[やぶちゃん注:「おぼへ」はママ。この一首は、朔太郎満十六歳の時の、『文庫』第二十四巻第三号(明治三六(一九〇三)年十月発行)に「上毛 美棹」名義で掲載された九首の五首目、

 天地に水ひと流れ舟にして我もありきと忘るべしや夢

の類型歌。]

 

菫つむと何時しか岡の三里こえて

迷ひ出でぬる桃多き里

 

[やぶちゃん注:原本では「迷ひ」は「述ひ」。先行例(本「歌群「若きウエルテルの煩ひ」五首目)及び全集校訂本文に従い、訂した。]

 

名なし小草はかな小草の霜柱

春の名殘と蹈まむ二人か

 

[やぶちゃん注:朔太郎満十六歳の時の、『文庫』第二十三巻第六号(明治三六(一九〇三)年八月発行)に「上毛 萩原美棹」名義で掲載された七首の掉尾、

 名なし小草はかな小草の霜ばしら春の名殘とふまむ人か

の類型歌。]

 

み歌さらになつかしみつゝ慕ひつゝ

忘れかねては行く萩が原

 

[やぶちゃん注:朔太郎満十六歳の時の、『文庫』第二十四巻第三号(明治三六(一九〇三)年十月発行)に「上毛 美棹」名義で掲載された九首の第六首目、

 み歌さらになつかしみしたひつゝ忘れかねては行く萩が原

の類型歌。]

 

花におちて花に歌えし身は胡蝶

戀のもだえに狂ひぬ惓みぬ

 

[やぶちゃん注:原本は、

 

花におちて花に歌えし身は胡蝶

戀のもたひに狂ひぬ惓みぬ

 

全集校訂本文は、

 

花におちて花に歌へし身は胡蝶

戀のもだえに狂ひぬ倦みぬ

 

である。「もたひ」の部分のみ、意味が通らぬので校訂本文を採った。]

« 座布團   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和六(一九三一)年十二月 »