フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 82 麥湯湧かしくど日もすがら松の根に | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 大正七年(五句) »

2014/02/26

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(6)

その香ゆへにその花ゆへに人は老を

泣きぬ泣かれぬ濃きべにつばき

 

[やぶちゃん注:二箇所の「ゆへ」はママ。朔太郎満十七歳の時の、『文庫』第二十四巻第六号・明治三六(一九〇三)年十二月に「上毛 萩原美棹」の名義で掲載された十四首の第二首目、

 その香ゆゑにその花ゆゑに、人は老を、泣きぬ泣かれぬ、こき紅(べに)椿。

の表記違いの相同歌。]

 

瑠璃鳥(るりとり)の鳴けば朝雲さむうして

人とすなほに別れける哉

 

[やぶちゃん注:原本は「瑠璃鳥」を「瑠理鳥」とするが誤字と断じて訂した。底本校訂本文も「瑠璃鳥」とする。こちらは、朔太郎満十七歳の時の、『明星』卯年第十二号・明治三六(一九〇三)年十二月の「金鷄」欄に「萩原美棹(上野)」の名義で掲載された四首の第二首目、

 ひよ鳥の啼くや朝雲寒うして人とすなほに別れけるかな

の類型歌。]

 

抱きては交互(かたみ)に泣きし日もありき

世にそむきしも何日の二人ぞ

 

野に見るは泣くによろしき秋の雨

こし路戀路の思ひ出ぐさよ

 

相(あひ)似たる人か木精(こだま)かひそみきて

呼べは應ふる日なるに似たり

 

[やぶちゃん注:「呼べは」はママ。前と同じ『明星』卯年第十二号・明治三六(一九〇三)年十二月の「金鷄」欄に「萩原美棹(上野)」の名義で掲載された四首の内の巻頭の、

 相似たる人か木精(こだま)かひそみきて呼べは應(こた)ふる日なるが如し

の類型歌。]

 

たゞきくは人の泣く聲むせぶ聲

陰魔地を這ふこがらしの風

 

手をあげて招けば肥えし野の牛も

來りぬ寄りぬ何を語らむ

 

[やぶちゃん注:朔太郎満十七歳の時の、『明星』辰年第六号(明治三七(一九〇四)年六月発行)の「鳴潮」欄に「萩原美棹」の名義で掲載された六首の第五首目、

 手をあげて招けば肥えし野の牛も來りぬよりぬ何を語らむ

の表記違いの相同歌。]

 

おとなしう涙ぬぐひてあればとて

十九の春はくれであらめや

 

[やぶちゃん注:朔太郎満十七歳の時の、『坂東太郎』第三十九号(明治三七(一九〇四)年七月発行)に掲載された「夏衣」八首の四首目、

 音なしう涙おさへてあればとて春の光はくれであらめや。

の類型歌であるが、本歌の方がいい。]

« 杉田久女句集 82 麥湯湧かしくど日もすがら松の根に | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 大正七年(五句) »