フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 57 燕に機窓明けて縫ひにけり 《解釈に識者の御教授を乞う》 | トップページ | 萩原朔太郎 短歌一首 綠なす浪の江の島夢にして人と降りし岩屋道かな »

2014/02/17

萩原朔太郎 短歌一首 うらうらに俥俥とゆきかへる けふしも年の初會はつゑなるらむ 《同首ヴァリアント併記》


うらうらに俥俥とゆきかへる

けふしも年の初會はつゑなるらむ

 

[やぶちゃん注:底本筑摩版全集「短歌・俳句・美文」の短歌パートの掉尾にある「『草稿ノート』『書簡』より」より。これは大正四(一九一五)年一月一日のクレジットを持つ北原白秋宛(宛先「東京市麻布區坂下町十三」)年賀状に書かれた一首。底本全集第十三巻の「書簡」の書簡番号七六であるが、そこでは二行分かち書きではなく、

 新正

 うらうらに俥俥とゆきかへるけふしも年の初會(はつゑ)なるらむ

  大正四年一月一日

                   萩原朔太郎

 

の一行書きであるのは不審。前の一首の改案か。前の注で示した通り、これにはこの一首を含めて都合四つのヴァリアントがある。そのすべてをここで並べてみたい。

 

〇底本全集第二巻「習作集第九卷(愛憐詩篇ノート)」の「晩秋」と題する十二首連作の第九首目

 

みちもせに俥俥(くるまくるま)と行きかへる

なにしか菊の節會なるらむ

 

〇大正二(一九一三)年十二月一日附『上毛新聞』発表の「古今新調」の中の一首

 

     菊(きく)

みちもせに俥俥(くるまくるま)と行(ゆ)きかへる今日(けふ)しも菊(きく)の節會(せちゑ)なるらむ

 

〇底本筑摩版全集「短歌・俳句・美文」の短歌パートの掉尾にある「『草稿ノート』『書簡』より」の本歌の前の四首の掉尾

 

うらゝかに俥俥と行きかへる

けふしも年の初會(はつゑ)なるらむ、

 

〇本歌「書簡」書簡番号七六(大正四(一九一五)年一月一日)

 

新正

うらうらに俥俥とゆきかへるけふしも年の初會(はつゑ)なるらむ

 

朔太郎、後年の白秋への賀状に添えるほどだから、よほどの自信作であったに違いなく、四つもヴァリアントが残るというのも彼の短歌の中では特異である。但し、私は上手い短歌とはお世辞にも思わない。残念乍ら。]

« 杉田久女句集 57 燕に機窓明けて縫ひにけり 《解釈に識者の御教授を乞う》 | トップページ | 萩原朔太郎 短歌一首 綠なす浪の江の島夢にして人と降りし岩屋道かな »