フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 三 卵 (4) ヒトの卵子 | トップページ | 人を愛する »

2014/02/16

大和本草卷之十四 水蟲 蟲之上 水蛭

水蛭〔音質〕人ノ血ヲ吸フ蟲ナリ小アリ大アリ鹽ヲオソル夏月

澤水ニ多シ妄ニ澤水ヲノムヘカラスアラメヲ煮テ雨水ヲソヽ

ケハ大蛭トナル女ノ髮ヲ水ニ久シクツケヲケハ變シテ赤キ小

蛭トナル黑キモアリ蟹ヲクタキフキノ葉ニツヽミ水ニツケヲケ

ハヤカテ蛭トナル又蛭ノ黑燒雨ニウルホヘハ百千ノ蛭ニ變スト

云〇草蛭ヲ國俗山ヒルト云本草水蛭條下ニアリ深山ニ

アリ山中ヲ行ニ林木ノ枝ヨリ人ニヲチカヽル事アリ故ニ笠ヲ

キテ山行ス又本草辰砂附方水蛭瘡毒ノ事アリ水蛭

古木ノ上ニ生ス人其下ヲ過レハ落テ人ノ體ニツキテ即瘡

トナル久ケレハ遍體朱砂麝香ヲヌレハ癒又本草水蛭ノ

集解ニ續博物志ヲ引テ此事ヲ云ヘリ又曰此即草蛭

〇やぶちゃんの書き下し文

水蛭[やぶちゃん注:「蛭」の右に「ヒツ」、「水蛭」の左に「ヒル」とルビを振る。]〔音、「質」〕。人の血を吸ふ蟲なり。小あり、大あり。鹽をおそる。夏月、澤水に多し。妄りに水をのむべからず。アラメを煮て、雨水をそゝげば、大蛭となる。女の髮を水に久しくつけをけば、變じて赤き小蛭となる。黑きもあり。蟹をくだき、フキの葉につゝみ、水につけをけば、やがて蛭となる。又、蛭の黑燒、雨にうるほへば、百千の蛭に變ずと云ふ。草蛭を國俗、「山ひる」と云ふ。「本草」〔の〕「水蛭」條下にあり、『深山にあり。山中を行くに林木の枝より人にをちかゝる事あり。故に笠をきて山行す。』〔と〕。又、「本草」「辰砂」〔の〕「附方」〔に〕「水蛭瘡毒」の事あり、『水蛭古木の上に生ず。人、其の下を過ぐれば落ちて人の體につきて即ち、瘡となる。久しければ、體に遍(〔あまね〕)し。朱砂・麝香をぬれば癒ゆ。』〔と〕。又、「本草」「水蛭」〔の〕「集解」に「續博物志」を引きて此の事を云へり。又、曰く、『此れ即ち草蛭なり。』〔と。〕

[やぶちゃん注:「水蛭」は環形動物門ヒル綱顎ビル目ヒルド科チスイビル Hirudo nipponia を指すと考えてよいが、本文は明らかにヒル綱 Hirudinea に属するヒル類(特に吸血性ヒル類)全般をごった煮のように記しており、途中にある「木蛭」というのは「草蛭」「山びる」というのは顎ヒル目ヒルド科ヤマビル Haemadipsa zeylanica japonica を指している。しかもその記載は噴飯ものの化生説を多く含み、信頼するに足らない。

『「本草」の「水蛭」條下に……』「本草綱目 蟲之二」「水蛭」の項の「集解」の中に、

其草蛭在深山草上、人行即著脛股、不覺入於肉中、育爲害、山人自有療法。

とある部分の前半を指す。

『「本草」「辰砂」の「附方」に「水蛭瘡毒」の事あり……』「本草綱目 金石之三」の「丹砂」の項の「附方」の最後の方に、

木蛭瘡毒、南方多雨、有物曰木蛭、大類鼻涕、生於枯木之上、聞人氣則閃閃而動。人過其下、墮人體間、即立成瘡、久則遍體。惟以朱砂、麝香塗之、即愈。(張杲「醫説」

とあるのを引いている。

『「本草」「水蛭」の「集解」に「續博物志」を引きて此の事を云へり。又、曰く、『此れ即ち草蛭なり。』と。』「本草綱目 蟲之二」「水蛭」の項の「集解」の最後に、

時珍曰、「李石「續博物志」云、『南方水痴似鼻涕、聞人氣閃閃而動、就人體成瘡、惟以麝香、朱砂塗之即愈。此即草蛭也。』」

とあるのに基づく。「續博物志」は晋の張華の「博物志」に倣って宋代に李石が著わした地誌博物書。

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 三 卵 (4) ヒトの卵子 | トップページ | 人を愛する »