フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 食ひそこなつた僕   山之口貘 | トップページ | マンネリズムの原因   山之口貘 »

2014/02/26

新発見のバクさんの児童詩  キカンシャ   山之口貘

「山之口貘の児童詩確認 米プランゲ文庫、1947年雑誌掲載」(2010年10月25日附「琉球新報」記事)

『これまで作品名のみ知られていたが、このほど至学館大学の齋木喜美子教授(児童文学)が原本を確認、内容が初めて明らかになった。同作品の複写は、県立図書館開館100周年を記念して11月1日に開設する山之口貘文庫の資料として収められる予定。貘の子ども向け詩作品は極めて少なく、今回の発見は児童文学分野で貘研究の深化につながりそうだ』。これは『占領期日本の雑誌や新聞を収蔵する米国メリーランド大学のプランゲ文庫所蔵の児童雑誌「こどものまど」6月号(1947年5月発行)』から発見された詩で淀井敏夫氏の機関車のカラー挿絵附き。『これまで「占領期新聞・雑誌記事情報データベース」に作品名と著者名のみが紹介されていた。雑誌の表紙に検閲番号が書かれている。データベースに2巻5号と記載されていたが、実際は2巻2号であったことも分かった』。『同作品について、山之口貘研究者の松下博文筑紫女学園大学教授は「貘さんの詩でカタカナ書きのものはこれまで、戦時中に書いた『アカイマルイシルシ』『オホゾラノハナ』の二つしかなかった。これらが日の丸や落下傘を隠喩(いんゆ)化したくぐまった形の児童詩であるのに対し、『キカンシャ』は非常におおらかで力強い。戦後復興のけん引力になるような形の書き方をしている」と語る』。『齋木教授は「これまで山之口貘の作品に対する関心は大人を対象としたものに限られ、児童文学については関心が低かった。これを機に貘の児童文学にも関心が高まるとうれしい」と話している』(高良由加利氏の上記記事より抜粋)。

以下、同記事に掲載された山之口貘作「キカンシャ」――



 キカンシャ
    山之口 貘
オトナノ
キカンシヤ
オオキナ
オカオ ダ
ハコニ
イツパイ
ミンナヲ ノセテ
ツヨイ
チカラ ダ
オトナノ
 キカンシヤ
テツノ
オカオ ダ
オオキナ
オカオ ダ

« 食ひそこなつた僕   山之口貘 | トップページ | マンネリズムの原因   山之口貘 »