フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 大正九年(十四句) | トップページ | 中島敦 南洋日記 補注追加について »

2014/02/28

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(7)

振り袖の桔梗の花の色のよき

なづかしひとゝ涙もよほす

 

[やぶちゃん注:ちょっと迷ったが「なづかし」はママとした。朔太郎満十九歳の時の、前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十三号(明治三八(一九〇五)年十二月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された「ろべりや」七首連作の三首目に、

 振袖(ふりそで)の桔梗(きゝやう)の花の色(いろ)のよきなつかし人(びと)と涙もよほす

とはある。]

 

夏ばなの趣ある小家の人なれば

面影に似し戀もする哉

 

[やぶちゃん注:同じく朔太郎満十九歳の時の、前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十三号(明治三八(一九〇五)年十二月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された「ろべりや」七首連作の三首目に、

 夏花(なつばな)に趣(しゆ)ある小家(こいへ)の人なれば面影(おもかげ)に似し戀もする哉

の類型歌。]

 

鬼どもが笑ふ聲にて戰爭(たゝかひ)は

終りぬ勝ちぬ民よ悦べ

 

からくりに見たる地獄の叫喚が

待ち居るものと思ふ可笑しさ

 

[やぶちゃん注:「地獄」の「獄」は原本では「獄」の上に(くさかんむり)が附く字。朔太郎満十九歳の時の、前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十三号(明治三八(一九〇五)年十二月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された(前に注した「ろべりや」連作の後の歌群)にある、

 からくりに見(み)たる地獄(ぢごく)の叫喚(けいかん)が待(ま)ち居(ゐ)るものと思(おも)ふ可笑(をか)しさ

の表記違いの相同歌。]

 

願はくば我なるものを五人(いつたり)に
十人(とたり)になして笑ひ
代さむ

 

[やぶちゃん注:校訂本文は「代さむ」を「交さむ」と訂する。]

 

たゞ一人座すれば淋し天地が

われのくびきにかゝる苦しみ

 

     よろこびは千夜に一夜

     たまたまの逢瀨を何なれば更かし給はぬ

     あはたゞしの別れ、せちなの君かな

あはたゞし燃ゆる熖の火ぐるまを

忘れて去にしつらき君かな

 

[やぶちゃん注:前書の「たまたま」の後半は原本では踊り字「〱」、「あはたゞし」はママ、本文の「あはたゞし」もママ。「燃ゆる」は原本は「燒ゆる」であるが、誤字と断じて校訂本文を採った。朔太郎満十八歳の時の、『白虹』第一巻第四号(明治三八(一九〇五)年四月発行)の「小鼓」欄に掲載された五首の巻頭の、

 あはた〻し燃ゆる災の火車を忘れていにしつらき君かな

(「災」はママ。誤植と思われる)があるが、前書はない。]

 

君まつと一日は樂し君を戀ふと

千夜は果敢なき夢みてしがな

« 飯田蛇笏 靈芝 大正九年(十四句) | トップページ | 中島敦 南洋日記 補注追加について »