フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作句集 昭和七(一九三二)年一月から二月 | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(5) »

2014/02/25

飯田蛇笏 靈芝 大正六年(二十五句)

   大正六年(二十五句)

 

臼音も大嶺こたふ彌生かな

 

戀ざめの詩文つゞりて彌生人

 

還俗の咎なき旅や花曇り

 

雪解や渡舟に馬のおとなしき

 

 大黑坂昌應寺、一句

 

ゆく春や僧に鳥啼く雲の中

 

[やぶちゃん注:「大黑坂」は現在の山梨県笛吹市境川町大黒坂と思われるが、「昌應寺」は恐らく同所にある甲斐百八霊場第四十四番臨済宗長国山聖応寺の誤りと思われる。]

 

梅若忌日も暮れがちの鼓かな

 

[やぶちゃん注:「梅若忌」は一般には「うめわかき」と読む。謡曲「隅田川」中の悲劇の少年梅若丸(北朝頃の京は北白川の吉田少将惟房の子であったが人買いに攫われて東国に下るも隅田川辺で病死した)の忌日とされる陰暦三月十五日(現在は四月十五日)に現在の東京都墨田区にある梅若丸由縁の天台宗梅柳山木母寺で修される。春の季語。]

 

屠所遠く見る吊り橋や竹の秋

 

  山ノ神祭典、一句

いにしへも火による神や山櫻

 

三伏の月の穢に鳴く荒鵜かな

 

[やぶちゃん注:「三伏」は「さんぷく」と読み、夏の最も暑い時期のこと。夏至後の第三の庚(かのえ)の日を「初伏」とし、第四のそれを「中伏」、立秋後の最初のそれを「末伏」と呼んでその三つを合わせていう語。]

 

笛ふいて夜凉にたへぬ盲かな

 

ながれ藻にみよし影澄む鵜舟かな

 

蚊の聲や夜深くのぞく掛け鏡

 

浮き草に間引きすてたる箒かな

 

流水にたれて蟻ゐる苺かな

 

日向葵に鑛山(やま)びとの着る派手浴衣

 

秋の晝ねむらじとねし疊かな

 

酒坐遠く灘の巨濤も秋日かな

 

森低くとゞまる月や秋の幮

 

[やぶちゃん注:「幮」は既出。「かや」と読む。]

 

灯ともして妻の瞳黑し秋の幮

 

[やぶちゃん注:「瞳」は「め」と読んでいる。「山廬集」に、

 

 灯して妻の眼黑し秋の幮

 

とある。]

 

寢てすぐに遠くよぶ婢や秋の幮

 

山蟻の雨にもゐるや女郎花

 

[やぶちゃん注:「山廬集」には、

 

 山蟻の雨にもゐるやをみなへし

 

と載る。]

 

芋の葉や孔子の教今も尚

 

[やぶちゃん注:句意不通。これはこの句が詠まれた村の名であるとか若しくは特定の風習と関わるか。識者の御教授を乞うものである。]

 

かりくらや孟春隣る月の暈

 

月入れば北斗をめぐる千鳥かな

 

  龍安寺法會

月明に高張たちぬ萩のつゆ

 

[やぶちゃん注:「高張」長い竿の先につけて高く掲げる高張提灯(たかはりぢょうちん)のことか。]

« 篠原鳳作句集 昭和七(一九三二)年一月から二月 | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(5) »