フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栂尾明恵上人伝記 72 | トップページ | 古今新調 小引幷に十首 大正二(一九一三)年十二月 »

2014/02/12

生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 三 卵 (2)卵が生まれるということ

 かくの如く、雞の卵の中でも白身や殼は、卵が産み出される途中に外から附け加はつたもので、後に雞となるのはたゞ黄身だけであるから、眞の卵といふのはどうしても黄身ばかりと見做さねばならぬ。しからば黄身とは何かといふに、卵巣を調べて見ると、黄身が大きくなる順序が明にわかるが、その始は小さな球形の普通の細胞で、成熟するに隨ひ段々脂肪その他の滋養分を細胞體の内に溜め込み、終に他の細胞では到底見られぬ程の大きさに達するのである。されば卵の黄身なるものもやはり一個の細胞で、たゞ滋養分を多量に含むために特に大きくなつたものといふに過ぎぬ。そして卵巣から離れて輸卵管に入つた以上は、親と卵との組織の連絡は絶えるが、まだ卵巣内にあつて卵巣の一部を形造つて居る間は、卵細胞も慥にその部分の組織に屬し、隨つて親の身體を成す幾千億かの細胞の仲間に加はつて居る。即ち卵が生まれるとは、親の身體の一細胞が親から離れて獨立することである。

« 栂尾明恵上人伝記 72 | トップページ | 古今新調 小引幷に十首 大正二(一九一三)年十二月 »