フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 補注追加について | トップページ | 耳嚢 巻之八 淨土にていふ七夕の事【漢土にていふ七夕の事】 »

2014/02/28

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 25 砂糖菓子の細工物

M325
図―325

 日本人は散歩に出ると、家族のために、おみやげとして、如何につまらぬ物であっても、何かしら食品を買って帰る。竹中は、これは一般的な習慣だという。彼等は不思議な贈物をする。尊敬をあらわす普通の贈物は、箱に鶏卵を十個ばかり入れたもので、私は数回これを受取った。金子を贈る時には、封筒なり包み紙なりの上に、「菓子を買うに入用な資金」ということを書く。パーソンス教授は、大久保伯爵家から贈物として、背の高い、純白の松のお盆に、種々な形と色の糖菓を充したものを贈られた。それ等の一つ一つに意味がある。私はそれを写生せずにはいられなかった(図325)。先端が曲った物の、小さな束は、彼等が食用とする羊歯の芽である。弓形を構成するように曲げられた大きな物の上には、いう迄もないが彩色した、完全な藤の造花がついている。お菓子の上には菊の花形が押捺してある。これ等は紅白で、豆の糊(ペースト)と砂糖とで出来ている。日本人は非常にこの菓子を好むが、大して美味ではない。お盆は高さ十八インチもある。糖菓の大きさも、推察されよう。全体の思いつきが清澄で、単純で、芸術的であった。

[やぶちゃん注:「竹中」前出の竹中恒次郎か竹中成憲であるが、如何にも親しげにぽっと述べている感じからはモースの可愛がった恒次郎であるように思われる。

「菓子を買うに入用な資金」「御菓子料」という表書きのこと。

「パーソンス教授」東京大学理学部(数学担当)教授ウィリアム・パーソン(William Edwin Parson)。既注。

「大久保伯爵家」“the family of Count Okubo”。この直前に暗殺された大久保利通であろうが、正しくは彼は生前は伯爵の上の侯爵(marquis)であった。ただ、ウィキの「大久保利通」を見ると明治一七(一八八四)年七月に長男で継嗣であった大久保利和が侯爵に叙爵されたとあるから、この時点では利和は侯爵であって、かく呼称しているものか。

「紅白で、豆の糊(ペースト)と砂糖とで出来ている」「日本人は非常にこの菓子を好む」としつつ、モースは敢えて「大して美味ではない」と述べているところからは、落雁であろうか。私は落雁を美味しいと思わないからである。

「十八インチ」45・72センチメートル。]

« 中島敦 南洋日記 補注追加について | トップページ | 耳嚢 巻之八 淨土にていふ七夕の事【漢土にていふ七夕の事】 »