フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 月見草談義   山之口貘 | トップページ | 頭をかかえる宇宙人   山之口貘 »

2014/03/29

昇天した歩兵   山之口貘

 昇天した歩兵

 

村ではぼくのことを

疎開と呼んでいた

疎開はたばこに困ると

東の家をのぞいては

たばこの葉っぱにありついて

米に困ると

西の家をのぞいて

閻の米にありついたりしたのだ

その日も疎開は困り果てて

かぼちゃの買い出しに出かけたのだが

途中で引き返して来ると

庭の片隅にこごみ

奉公袋に火をつけた

日本ではつまりその日から

補充兵役陸軍歩兵なんてのも

不要なものに

なったからなのだ

 

[やぶちゃん注:初出は昭和三六(一九六一)年七月三十一日附『新潟日報』夕刊であるが、掲載時の詩題は「昇天した歩兵 ―まもなく八月十五日だ―」。

「奉公袋」「帝国陸海軍と銃後」というサイトの「奉公袋」に『奉公袋は、陸軍において入営及び戦地に赴くとき、必需品を入れていった袋で軍隊手牒、勲章、記章、適任証書、軍隊における特業教育に関する証書、召集及び点呼令状、その他貯金通帳など応召準備、応召のために必要と認めるものを収容するように袋の裏側に記されている。またこのほかに遺髪、爪袋、遺言書封入などが収められたという。そして在郷軍人はこの袋を常に準備していつでも召集により戦争に行けるよう、意識を高めていた』と解説されてある(リンク先では実物のそれが写真で見られる)。即ち、この詩にはまさに十六年前の昭和二〇(一九四五)年八月十五日の景(疎開していた茨城県結城妻静江さんの実家である)が描かれているのである。敗戦のこの時、バクさん、四十二歳。【2014年6月27日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。】

« 月見草談義   山之口貘 | トップページ | 頭をかかえる宇宙人   山之口貘 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昇天した歩兵   山之口貘:

« 月見草談義   山之口貘 | トップページ | 頭をかかえる宇宙人   山之口貘 »