フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(8) 冒頭歌群終了 | トップページ | 本日雛祭りにて閉店 »

2014/03/01

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(9)「ゆうすゞみ」(Ⅰ)

 ゆうすゞみ

 

[やぶちゃん注:「ゆう」はママ。]

 

花やかにかんてらともす緣日を

ふたり出づれば月のぼりけり

 

[やぶちゃん注:朔太郎満十八歳の時の、前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十二号(明治三八(一九〇五)年七月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された「ゑかたびら」と題する十二首連作の七首目、

 花やかに、かんてら燭(とも)すえん日を、二人いづれば月のぼりけり。

と表記違いの相同歌。]

 

微(そよ)風のうたがたりふく途すがら

四の袂に螢おさへぬ

 

[やぶちゃん注:前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十三号(明治三八(一九〇五)年十二月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された八首連作の四首目、

 微風(そよかぜ)の歌語(うたかた)り吹く途(みち)すがら四の袖(そで)に螢(ほたる)おさへぬ

の類型歌。]

 

夕づきや橋のたもとに衣しろき

人と別れぬ山百合のはな

 

[やぶちゃん注:朔太郎満十八歳の時の、前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十二号(明治三八(一九〇五)年七月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された「ゑかたびら」と題する十二首連作の十一首目、

 夕月や橋の袂に衣白き、人と別れぬ山百合のはな。

と類型歌である。「たもと」と「袂」は大きな相違で、実は「袂」は誤りかと疑われる。]

 

夕月夜潮なる音にあこがれて

君くる路を浪に畫きぬ

 

櫻貝ふたつ重ねて海の趣味

いづれ深しと笑み問はれけり

 

[やぶちゃん注:同じく、前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十二号(明治三八(一九〇五)年七月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された「ゑかたびら」と題する十二首連作の掉尾、

 さくら貝、ふたつ重ねて海の趣味、いづれ深しと笑み問(と)はれけり。

と表記違いの相同歌で、初出掲載で注した通り、彼はこの歌が好みだったらしく、その三年後の第六高等学校『交友会誌』明治四一(一九〇八)年十二月号に「水市覺有秋」という標題で掲載された連作中でも、

 櫻貝二つ並べて海の趣味いづれ深しと笑み問はれけり

と改作している(この改作は先行作より遙かに劣ると私は思う)。]

 

海近き河邊に添ひし柳みち

月は二人の肩をすべりぬ

 

里(さと)河の底にうつれる星くづを

いくつかぞへて君に逢ふべき

 

[やぶちゃん注:朔太郎満十九歳の時の、『晩聲』創刊号(明治三九(一九〇六)年四月発行)に「美佐雄」の筆名で所収された六首の掉尾、

 里川の底にうつれる星くづをいくつ數へて人にあふべき

の表記違いの相同歌。]

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(8) 冒頭歌群終了 | トップページ | 本日雛祭りにて閉店 »