フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« かげろふの我が肩に立つ紙子哉 芭蕉 元禄2年2月7日=1689年3月27日 作 | トップページ | ひそかな対決   山之口貘 »

2014/03/27

山之口貘詩集「鮪に鰯」電子化始動 / 野次馬

 

鮪に鰯

[やぶちゃん注:【2014年6月26日追記:本記事全体に複数の誤りを発見したため、訂正「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」との対比検証に入るためにこの注を大幅に改稿した。】山之口貘の実質的な戦後の新詩集で同時に遺稿詩集となった「鮪に鰯」は昭和三九(一九六四)年十二月一日原書房から出版された。

 なお、注に示した初出誌データは先と同じく、思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の松下博文氏の解題データに基づく。また新全集では「鮪に鰯」に限っては清書原稿の残っているものはそれを正規本文テクストとして採用しているため、驚くような違いがある。それは注で示すこととした。現在、この対比検証作業は過去のブログ公開記事を訂正する形で随時進行中である。この記事以降で対比検証を行ったその旨の明記が注にないものは未だそれを行っていないことを示すので注意されたい

 バクさんはこの前年の昭和三八(一九六三)年七月十九日、新宿区戸塚の大同病院にて胃癌のため永眠していた。全百二十六篇、「山之口貘詩集」とダブる詩は一篇も含まれていない。詩集冒頭には『日本のはえぬきの詩人と言えば、萩原朔太郎、それ以後は、貘さんだろう』と末尾に綴る金子光晴の「小序」(クレジットなし)、掉尾には『1964・11』のクレジットを持つ当時二十であった娘山口泉(バクさんの愛称はミミコ)さんの「後記にかえて」が載るが、孰れも著作権が存続しているため省略する。しかし特に、泉さんの三連からなるそれは関係者への謝辞が過半の短いものながら、非常に胸打たれるものである。ここではその第二連のみを引用し、その詩的な愛の香気をお伝えしておきたい。――


『空が青くきらきら溢れています。冬に向かって歩いている寒さを今朝はふと忘れます。』

 

 

 

 野次馬

これはおどろいたこの家にも

テレビがあったのかいと来たのだが

食うのがやっとの家にだって

テレビはあって結構じゃないかと言うと

貰ったのかいそれとも

買ったのかいと首をかしげるのだ

どちらにしても勝手じゃないかと言うと

買ったのではないだろう

貰ったのだろうと言うわけなのだが

いかにもそれは真実その通りなのだが

おしつけられては腹立たしくて

余計なお世話をするものだと言うと

またしてもどこ吹く風なのか

まさかこれではあるまいと来て

物を摑むしぐさをしてみせるのだ 

 

[やぶちゃん注:【2014年6月26日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、ミス・タイプを発見、本文を訂正、さらに注を全面改稿した。】初出は昭和三八(一九六三)年四月号『地上』。『地上』は元農林水産省所管で現在は全国農業協同組合中央会が組織する農協グループ総合農協(JA)の出版・文化事業を営む団体「一般社団法人 家の光協会」の発行する雑誌の一つ。しばしば誤解されるが、同団体は宗教とは無関係である。なお、松下博文氏の緻密な初出誌検証によって旧詩集類と同様、この詩集「鮪に鰯」もほぼ正しく逆編年体(後に行くほど新しい)の組み方となっていることが判明している。

 思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」では清書原稿を本文テクストとしており、表記に有意な異同が見られるので以下に全篇を示す。

 

 野次馬

これはおどろいたこの家にも

テレビがあったのかいと来たのだが

食うのがやっとの家にだって

テレビはあって結構じゃないかと言うと

貰ったのかいそれとも

買ったのかいと首をかしげるのだ

どちらにしても勝手じゃないかと言うと

買ったのではないだろ

貰ったのだろと言うわけなのだ

いかにもそれは真実その通りなのだが

おしつけられては腹立たしくて

余計なお世話をするものだと言うと

またしてもどこ吹く風なのか

まさかこれではあるまいと来て

物を摑むしぐさをしてみせるのだ

 

「だろ」の方が遙かにリアリズムである。]

« かげろふの我が肩に立つ紙子哉 芭蕉 元禄2年2月7日=1689年3月27日 作 | トップページ | ひそかな対決   山之口貘 »