フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 遅れて花幻忌に | トップページ | ひとつの ながれ   八木重吉 »

2014/03/18

炭   山之口貘

 炭

 

炭屋にぼくは炭を買ひに行つた

炭屋のおやぢは炭がないと云ふ

少しでいゝからゆづつてほしいと云ふと

あればとにかく少しもないと云ふ

ところが實はたつたいま炭の中から出て來たばつかりの

くろい手足と

くろい顏だ

それでも無ければそれはとにかくだが

なんとかならないもんかと試みても

どうにもしやうがないと云ふ

どうにもしやうのないおやぢだ

まるで冬を邪魔するやうに

ないないばかりを繰り返しては

時勢のまんなかに立ちはだかつて來た

くろい手足と

くろい顏だ。

 

[やぶちゃん注:【2014年6月26日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証により、注を全面改稿した。】初出は昭和一五(一九四〇)年三月発行の「詩原」(第一巻第一号。発行所は東京市小石川区駕籠町「赤塚書房」)。因みに、思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」解題によると、戦後の昭和三五(一九六〇)年十二月二十五日附『全繊新聞』(全国繊維産業労働組合同盟の中央機関紙で戦後はバクさんの詩がよく発表された)に再掲された際には、『古田熊蔵撮影』になる『焚き火で暖を取っている写真』が掲載されている、とある。この『焚き火で暖を取っている』のはバクさんとしか読めないが、そうするとなかなか凄い(というかバクさんの詩の中ではとびっきり変わった)演出ということになる。実物を見てみたいものである。また、翌一九六一年二月号の学習研究社『6年の学習』にも再掲されているとあり、これは恐らく、戦前の詩集未収録の児童詩を除いて(恐らく最も古いものは昭和一六(一九四一)年十一月号『国民六年生』(小学館発行)に載った「希望」か)、バクさんの公刊詩集の中の詩では本格的児童向け雑誌に載った最初のものではなかろうか。

 原書房昭和三三(一九五八)年刊の「定本山之口貘詩集」では最後の句点が除去され、十一行目が、『どうにもしやうのないおやじだ』と改められているが、この「おやぢ」だけを現代仮名遣に直しておいて、二行目は「おやぢ」のままであるのは、これ、甚だ不審と言わざるを得ない(「思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」でもそうなっているが、私はこれこそ解題で注記して、本分を訂正して何ら構わない部類のものだと個人的には思うのだが、解題にはこの表現の齟齬注記さえないのは不満である)

« 遅れて花幻忌に | トップページ | ひとつの ながれ   八木重吉 »