フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 29 吉備楽の返礼としてのメンデンホール・フェノロサ・リーランド・モース四重合唱団公演! | トップページ | ベルナルド・ベルトルッチ「暗殺のオペラ」 »

2014/03/17

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「午後」(2)



拳固(こぶし)もて石の扉をうつ如き

愚かもあへて君ゆへにする

 

[やぶちゃん注:原本は「愚かもあへて」は「禺かもあへて」であるが、以下の重出作同様に訂した(底本校訂本文も同じく訂している)。本歌は七首前、本「午後」の第二首目の、

 拳もて石の扉をうつ如き

 愚かもあへて君ゆへにする

の重出。手書き作成したものであるから、恐らく後から気がついたものの、修正を施さなかった(施せなかった)ものと思われる。]

 

言ひ給へけしうはあらず我とても

この頃知りぬ少しく知りぬ

 

紅(くれない)の軍服着たる友の來て

今日も語りぬワグネルのこと

 

[やぶちゃん注:「くれない」はママ。この「友」は軍人ではなく(日本の軍服に赤いものは襟章を除いてない)イギリスの近衛兵の上着のような(若しくはそのもの)「紅の軍服」を伊達に着ているものと思われる。]

 

かにかくと何を思ふや嬉しき日

何故わがやうにものを言はれぬ

 

春ゆうべとある酒屋の店さきに

LIQUR の瓶を愛でゝかへりぬ

 

春の夜の酒は泡だつ三鞭酒(シヤンパニユー)

樂はたのしき戀のメロデイ

 

[やぶちゃん注:「シヤンパニユー」はママ。]

 

樂しされどやゝ足らはぬよ譬ふれば

序樂をきかぬオペラ見るごと

 

[やぶちゃん注:朔太郎満二十三歳の時の、『スバル』第二年第一号(明治四三(一九〇二)年一月発行)に掲載された歌群の一首、

 たのしされどやや足らはぬよ譬ふれば序樂をきかぬオペラみるごと

の表記違いの相同歌。]

 

妹が折々すなる態(しな)をして

もだして居りぬ女の中に

 

[やぶちゃん注:不思議な一首である。この「女の中に」「居」るのは「妹が折々すなる態をして」黙ったままでいる朔太郎自身である。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 29 吉備楽の返礼としてのメンデンホール・フェノロサ・リーランド・モース四重合唱団公演! | トップページ | ベルナルド・ベルトルッチ「暗殺のオペラ」 »