フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 92 ひろ葉打つ無月の雨となりにけり | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和八(一九三三)年一月 »

2014/03/03

賑やかな生活である   山之口貘

 賑やかな生活である

 

誰も居なかつたので

ひもじい、と一聲出してみたのである

その聲のリズムが呼吸のやうにひゞいておもしろいので

私はねころんで思ひ出し笑ひをしたのである

しかし私は

しんけんな自分を嘲つてしまふた私を氣の毒になつたのである

私は大福屋の小僧を愛嬌でおだてゝやつて大福を食つたのである

たとへ私は

友達にふきげんな顏をされても、侮蔑をうけても私は、メシツブでさへあればそれを食べるごとに、市長や郵便局長でもかまはないから長の字のある人達に私の滿腹を報告したくなるのである

メシツブのことで賑やかな私の頭である

頭のむかふには、晴天だと言つてやりたいほど無茶に、曇天のやうな郷愁がある

あつちの方でも今頃は

瘦せたり煙草を喫つたり咳をしたりして、父も忙がしからうとおもふのである

妹だつてもう年頃だらう

をとこのことなど忙がしいおもひをしてゐるだらう

遠距離ながらも

お互さまにである

みんな賑やかな生活である


[やぶちゃん注:初出は昭和八(一九三七)年八月発行の『世代』(発行所は世代社で東京市品川区大井伊藤町)。
 原書房刊「定本 山之口貘詩集」では読点が総て除去されて字空けとなっており、八行目が、

たとひ私は

に、九行目が、

友達にふきげんな顏をされても 侮蔑をうけても私は メシツブでさへあればそれを食べるごとに 市長や郵便局長でもかまはないから 長の字のある人達に私の滿腹を報告したくなるのである

と「市長や郵便局長でもかまはないから」と「長の字のある人達に私の滿腹を報告したくなるのである」の間に字空けが施されてあり、また、その後に出る、

「忙がしからう」と「忙がしい」

の二箇所がそれぞれ、

「忙しからう」「忙しい」

となっている(この最後の送り仮名の異同は旧全集には示されていない)。【2014年6月24日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証によって注を改稿した。】]

« 杉田久女句集 92 ひろ葉打つ無月の雨となりにけり | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和八(一九三三)年一月 »