フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作句集 昭和八(一九三三)年十二月 | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和六年(四十一句) Ⅱ »

2014/03/16

世はさまざま   山之口貘

 世はさまざま

 

人は米を食つてゐる

ぼくの名とおなじ名の

獏といふ獸は

夢を食ふといふ

羊は紙を食ふ

南京蟲は血を吸ひにくる

人にはまた

人を食ひに來る人や人を食ひに出掛ける人もある

さうかとおもふと琉球には

まあ木といふ木がある

木としての器量はよくないが詩人みたいな木なんだ

いつも墓場に立つてゐて

そこに來ては泣きくづれる

かなしい聲や涙で育つといふ

まあ木といふ風變りな木もある。

 

[やぶちゃん注:【2014年6月25日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、ミス・タイプを発見、本文を訂正、さらに注を一部改稿した。】初出は昭和一五(一九四〇)年五月十日附『日本学藝新聞』。「定本 山之口貘詩集」では最後の句点が除去されてある。


「う
まあ木」バラ亜綱フトモモ目シクンシ科モモタマナ Terminalia catappa。マレー半島原産とされる熱帯植物(沖縄や小笠原にも自生)で英名では“tropical almond”とか“Indian almond”と呼んで種子の仁を食用とする。材は硬くて良質であるため、建築用材や家具に用いられ、街路樹・庭木・海岸の防風林として植栽される(以上は高橋俊一氏のサイト「世界の植物-植物名の由来-」の「モモマナ」に拠った)。多くのネット記載が、しばしばバクさんのこの「世はさまざま」の詩を引用しつつ、モモタマナに同定している。沖繩方言(うちなーぐち)では「うむまーぎー」「うむやーぎー」「くゎーでぃーさー」とも呼ばれるともある。]

« 篠原鳳作句集 昭和八(一九三三)年十二月 | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和六年(四十一句) Ⅱ »