フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和七年(七十二句) Ⅰ | トップページ | 芥川龍之介手帳 1-5 »

2014/03/24

中島敦 南洋日記 一月二十六日

        一月二十六日(月) アイミリーキ

 アラカべサン、アミアンス部落の移住先を尋ねんと、九時頃土方氏と出發、昨日の道を逆行。如何にするも濱市に到る徑を見出し得ず。新カミリアングル部落の入口の島民の家に憩ひ、一時間餘待つた末、爺さん(聾)に筏を出して貰ひ、マングローブ林中の川を下る。マングローブの氣根。細長き實の水に垂れたる、面白し。三十分足らずにして、濱市の小倉庫前に達し、上陸。兒童の案内にてアミアンス部落に入る。頗る解りにくき路なり。移住村は今建設の途にあり。林中を伐採し到る所に枯木生木、板等を燃しつゝあり。暑きこと甚だし。切株の間を耕して、既に芋が植付けられたり。アバイ及び、二三軒の家の外、全く家屋なく、多くの家族がアバイ中に同居せり、大工四五人、目下一軒の家を造りつゝあり。朝より一同働きに出て今歸り來りて朝晝兼帶の食事中なりと。又、一時となれば皆揃つて伐採に出掛くる由。粥を炊かせ、新屋の竹のゆかの上にて喰ふ。今日の粥にはディスを掛けたり。食後少時晝寐。時に小雨あり。二時出發。丘上なる濱市の民間學校を目掛けて行く。前日遙かに望みし階段狀丘陵地なり。うつぼかつら多し。眺望良し。涼し。學校下の琉球人の家にて道を訊ぬるに、主人は内にありて子供をして云はしむるに、子供は徒らに人を恐れてハツキリせず。タピオカの所の道云々。されど、それらしき路も無きまゝに、大通より分岐せる小道を下り行きしが、忽ちにして道盡く。畑より畑へと、さまよへどもつひに澤に下りる能はず、丘上の道より見れば熱研は直ぐ其處に見ゆるに、何としても近づく能はず、再び舊路に戻り學校に到り先生に教へられて所謂タピオカの所の道を發見す。分らぬが當然。道とは思へぬ道なり。沿えかゝりし徑を叢を分けつゝ進み、小川を渡るに及んで漸く路らしくなる。山の中腹を縫ひて、澤に出で、危き倒木橋を渡り、やうやくにして本道に出づ。四時過熱研に着。をかしき一日の遊行なりし。さるにてもカミリヤンガル部落の靑年の傲岸と、琉球人の曖昧・不親切とは全く腹の立つことなり。夜、小林氏より今日迄の新聞を借りて讀む。月明るし。

[やぶちゃん注:太字「ゆか」は底本では傍点「ヽ」。

「濱市」アラカべサン島の和名固有地名と思われるが、位置同定出来ず。

「ディス」不詳。]

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和七年(七十二句) Ⅰ | トップページ | 芥川龍之介手帳 1-5 »