フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ちいさい ふくろ   八木重吉 | トップページ | 北への旅にて三日間閉店 心朽窩主人敬白 »

2014/03/21

上り列車  山之口貘

 上り列車

 

これがかうなるとかうならねばならぬとか

これがかうなればかうなるわけになるんだから かうならねばこれはうそなんだとか

兄は相も變らず理窟つぽいが

まるでむかしがそこにゐるやうに

なつかしい理窟つぽいの兄だつた

理窟つぽいはしきりに呼んでゐた

さぶろう

さぶろう と呼んでゐた

僕は自分がさぶろうであることをなんねんもなんねんも忘れてゐた

どうにかすると理窟つぽいはまた

ばく

ばく と呼んでゐた

僕はまるでふたりの僕がゐるやうに

ばくと呼ばれては詩人になり

さぶろうと呼ばれては弟になつたりした

 

旅はそこらに郷愁を脱ぎ棄てゝ

雪の斑點模樣を身にまとひ

やがてもと來た道を搖られてゐた

 

[やぶちゃん注:【2014年6月26日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、ミス・タイプを発見、本文を訂正、さらに注を全面改稿した。】初出は昭和一四(一九三九)年三月発行の『むらさき』。

 原書房昭和三三(一九五八)年刊の「定本 山之口貘詩集」では、第一連が二行目を途中で改行して残りを新たに一行として続けている。特にここでは新字化されたその全篇を示すこととする。

 

 上り列車

 

これがかうなるとかうならねばならぬとか

これがかうなればかうなるわけになるんだから

かうならねばこれはうそなんだとか

兄は相も変らず理屈つぽいが

まるでむかしがそこにゐるやうに

なつかしい理屈つぽいの兄だつた

理屈つぽいはしきりに呼んでゐた

さぶろう

さぶろう と呼んでゐた

僕は自分がさぶろうであることをなんねんもなんねんも忘れてゐた

どうにかすると理屈つぽいはまた

ばく

ばく と呼んでゐた

僕はまるでふたりの僕がゐるやうに

ばくと呼ばれては詩人になり

さぶろうと呼ばれては弟になつたりした

 

旅はそこらに郷愁を脱ぎ棄てて

雪の斑点模様を身にまとひ

やがてもと来た道を揺られてゐた

 

 「兄」は洋画家長兄山口重慶(十歳上)であろう。但し、年譜ではこの兄の上京は載らない。重慶は敗戦の年の十一月、栄養失調によって亡くなった。

 私はこの第二連が殊の外、気に入っている。多分これは、雪の地方(私の場合は富山県高岡市伏木)に住んだことのある人間だけに真に分かる仄かに哀しい郷愁であると勝手に思っているのである。]

« ちいさい ふくろ   八木重吉 | トップページ | 北への旅にて三日間閉店 心朽窩主人敬白 »