フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「信濃」 昭和十七年 Ⅶ 信濃抄三 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 29 吉備楽の返礼としてのメンデンホール・フェノロサ・リーランド・モース四重合唱団公演! »

2014/03/17

飯田蛇笏 靈芝 昭和六年(四十一句) Ⅲ



七夕のみな冷え冷えと供物かな

 

[やぶちゃん注:「冷え冷え」の後半は底本では踊り字「〱」。「〲」ではないので注意。]

 

梶の葉に二星へそなふ山女魚

 

[やぶちゃん注:「二星」は「にせい」で牽牛星と織女星のこと。]

 

草市の人妻の頰に白きもの

 

[やぶちゃん注:「草市」(くさいち)。旧暦七月十二日の夜から翌朝にかけて盂蘭盆の仏前に供える草花である蓮葉・茄子・胡瓜・鬼灯や真菰筵・燈籠・土器などの祭具を売るために開かれる市。盆市。花市。一般には初秋の季語であるが、晩夏とする歳時記記載もあり、次の句を見て戴いても分かる通り、夏の季語として蛇笏は用いていて、この句は「山廬集」でも夏の部に入っている。こういう齟齬を伝統俳句を作る人々は少しも不思議に思わぬのであろうか? 自由律から入り、無季を指示する私としては、そういう曖昧な神経が分からないのである。芭蕉の如く、季詞ならざるものなし、で好かろうに、と――]

 

なつまけの足爪かゝる敷布かな

 

忌中なる花屋の靑簾かゝりけり

 

[やぶちゃん注:「靑簾」は韻律上、どう考えても「あをすだれ(あおすだれ)」ではなく漢詩訓読調の「せいれん」である。但し、「山廬集」では並べて、

 雲水もともに仮泊や靑すだれ

を掲げている。誠実な読者なら私はこれを見ると、もしや、前の句も「あをすだれ」ではあるまいか? と一瞬、戸惑うことは間違いない(臍曲がりの私でさえそうである)。こうした字余りでないことを後世の私のような凡夫が安堵するためにも、定型有季の作句者は読みの振れる可能性のある語には必ずルビを打つべきであると思う。こうした苛立ちを少なくとも自由律から入った私などは伝統俳句に対して常に感ずるのである。そんな読みはあるはずがない、という定型俳句の創作者や鑑賞者の思い込みには私は全くついてゆけないと表明しておく。いや、そんな不文律のセオリーが厳として存在するのであれば、そうした解説や理論(字余りでないことを示す定理を含めて)を歳時記なんぞにでも闡明するがよいと私は常々思うのである。]

 

月さして燠のほこほこと鮎を燒く

 

[やぶちゃん注:「ほこほこ」の後半は底本では踊り字「〱」。]

 

風波をおくりて深き蓮の水

 

秋たつや川瀨にまじる風の音

[やぶちゃん注:昭和六年の立秋は八月八日土曜日であった。]



口紅の玉蟲いろに殘暑かな

 

[やぶちゃん注:蛇笏の妖艶調の佳句である。]

 

杣の火にゆく雲絶えて秋の空

« 橋本多佳子句集「信濃」 昭和十七年 Ⅶ 信濃抄三 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 29 吉備楽の返礼としてのメンデンホール・フェノロサ・リーランド・モース四重合唱団公演! »