フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 島での話   山之口貘 | トップページ | 首   山之口貘 »

2014/03/31

沖繩風景   山之口貘

 沖繩風景

 

そこの庭ではいつでも

軍鶏(タウチー)たちが血に飢えているのだ

タウチー達はそれぞれの

ミーバーラーのなかにいるのだが

どれもが肩を怒らしていて

いかにも自信ありげに

闘鶏のその日を待ちあぐんでいるのだ

赤嶺家の老人(タンメー)は朝のたんびに

煙草盆をぶらさげては

縁先に出て座り

庭のタウチー達のきげんをうかがった

この朝もタンメーは縁先にいたのだが

煙管がつまってしまったのか

ぽんとたたいたその音で

タウチー達が一斉に

ひょいと首をのばしたのだ

 

 「ミーバーラー」=養鶏用のかご

 

[やぶちゃん注:【2014年6月27日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、ミス・タイプを発見、本文を訂正、さらに注の一部を改稿した。】標題の「沖繩」の「繩」の字体はママ(新字体採用の思潮社二〇一三年九月刊の新全集「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」では「縄」となっている)。「軍鶏(タウチー)」「老人(タンメー)」の部分は底本ではルビ。

 初出は昭和三二(一九五七)年一月一日附『琉球新報』(掲載時のタイトルは「タウチー」)、二年後の昭和三四(一九五九)年五月三十一日附『朝日新聞』に再掲されている(こちらの再掲時のタイトルは「沖繩風景」)。この詩は初出の順列でいうと五つ後の「雲の下」の後に当たるが、それよりも創作時制が遙かに新しいということを示している。即ち、この詩は、バクさんの沖繩帰郷(昭和三三(一九五八)年十月末から翌年一月初旬)前に書かれた詩であり、しかも帰郷の後に再度『朝日新聞』に掲げた詩である点に注意されたい。

 底本では「ミーバーラー」の長音符の右に注記を示すポイント落ちの「*」が附されて、詩の後には三字下げポイント落ちで、

 

 *養鶏用のかご

 

と附されているが、個人的に詩中への注記記号を排したいという私の認識から以上のように恣意的に書き換えた。なお。なお不思議なことに同一底本を用いているはずの新全集ではこの詩中の「*」注記記号が存在せず、詩の後に一行空け下インデントで、

 (ミーバーラーは養鶏用の籠。)

とある。表記が全く異なり、極めて不審である。

「ミーバーラー」沖縄市公式サイトの「沖縄市教育委員会 教育部 郷土博物館」の「ミーバーラー」を参照されたい。そこには『養鶏用の籠(かご)です。主に、タウチー(軍鶏)を飼うために使われました。鶏が逃げ出さないように、重しをのせました』。『竹を六角に編んだものなので、「ロッカクミー」と呼ぶ地域もあります。六角に編むのは、ミーバーラーの他に、芭蕉を入れるウーバーラーの底や、餅を蒸すためのムチンブサーなどがあります』。『 博物館がある上地では、昔、キャベツ(タマナー)を入れる籠としても使われていました』とある。リンク先では実物の写真が見られる。ただ、語源が分からない。識者の御教授を乞う。

「赤嶺家」年譜やバクさんの沖繩関連随筆などを管見した限りでは出ず、個人名と住所を特定出来ないのが残念であるが(以下に推理するように、この風景が具体的に何処の地域のものであるかは私には非常に重要なことなのである)、沖繩には多い姓で、伝統的には現在の那覇空港のある沖縄県那覇市最南部の位置する小禄(おろく/沖縄方言では「うるく」)地区(かつての島尻郡小禄村(そん))の旧小禄間切赤嶺(その前は豊見城間切八ヶ村の一つ赤嶺であった。ここは「小禄勝手に観光案内推進してるようでしてない課」の記載に拠る)をルーツとする姓である(即ち、沖繩に飛行機で旅する誰もが知らぬうちにこの小禄の土を踏んでいるのである)。以下、参考までにウィキの「小禄」から引用しておく。『北部には国場川が流れ那覇市唯一の在日米軍基地である那覇港湾施設(那覇軍港)が存在する(ただし軍港内の住吉町・垣花町と隣接する山下町・奥武山町はもともと小禄の一部だったが、19世紀末に那覇区に編入されたため現在は小禄支所管内ではなく本庁管内である)』。『陸上自衛隊の那覇駐屯地、航空自衛隊の那覇基地がある』。『那覇空港があり、沖縄県の空の玄関としての役割を持ち、沖縄都市モノレール線、本島内各会社の路線バス、高速バスが通り、空港周辺はレンタカーの事務所が軒を連ねる。そのため、沖縄本島の交通の要所としての役割を持つ』。『また、中西部の金城(かなぐすく)地区は、米軍基地施設の跡地利用により建設され、ショッピングセンターなどが立ち並び、住宅街としても整備される。南東部の宇栄原地区には大規模な団地がある』。『小禄はここ20~30年で発展し、ほぼ全域で土地区画整理を盛んに行なってきた。人口も増加しつつあり、県外からの移住者の転居地としても人気のある地域といわれている』。『古くから小禄に定住している人は、ウルクンチュ(小禄の人、小禄人)と呼ばれ、ムンチュー(門中)意識が強い。特に年配者は、ウルクムニー(小禄喋り)と呼ばれる独特のイントネーションで話す』とある。

 

……そもそも、この詩は全体に現在形で示されているのだけれど、詩を詠じている詩人自身の現在時間の実景、実際の久方ぶりに帰郷した今の沖繩で現に詩人が見ている懐かしい変わらぬ風景、その嘱目吟なのだろうか?……

 

……と私は三十五年前、この詩を東京の大学近くの神社の参道を歩みながら読んでいて、ふと戸惑いして立ち止まってしまったのを覚えているのだ……

 

……その時の私には――そうではない――ように思われたからであった……

 

……これは……今は失われた……詩人の中にある/中にのみある……戦前の平和な時代の典型的な沖繩人(うちなんちゅ。だからこそ「むんちゅー」意識の強い「うるくむにー」を喋る「うるくんちゅ」の老人であることを示す「赤嶺」でなくてはならなかったのではないか?――と、今現在の五十七歳の私は心づいているのであるが――)のいる懐かしい風景なのではないか?……

 

……そう……私は漠然と感じていたのであった……そうして……

 

……そうして私は、その詩のコーダに幻視したのだった……

 

この朝もタンメーは縁先にいたのだが

煙管がつまってしまったのか

ぽんとたたいたその音で

タウチー達が一斉に

ひょいと首をのばしたのだ

 

……その日の「朝も」「タンメーは縁先にいたのだが」の――「この朝」――とは、一体どの日の朝だったのか?……

……「ぽんとたたいたその音」は確かに「煙管がつまってしまった」その音であったのか?……

……「煙管がつまってしまった」らそうするのは当たり前で、わざわざ「煙管がつまってしまったのか」と「のか」をつける必要がどうしてあったのか?……

……確かに「タウチー達」は癇が強い。しかし、庭中の「タウチー達が一斉に」「煙管がつまってしまった」煙管を一度「ぽんとたたいたその音」ぐらいで……「ひょいと首をのば」すだろうか?……

――「タウチー達が一斉に」「ひょいと首をのばした」そのアップの映像!

――「タウチー達が一斉に」「ひょいと首をのばした」のは――もっと別な音ではなかったか?!

――それは――あの――鉄の暴風の――最初の砲声――では、なかったろうか?!

 

……これは私の勝手な幻影であった/であるのかもしれない。しかし私は今もそう信じて疑わないのである。

 大方の御批判を俟つものではある。

 しかしまさに今回、松下博文氏の「稿本・山之口貘書誌(詩/短歌)」(及び後日の同氏の書かれた「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の解題)の初出データを知って、遅まきながら、この詩が故郷沖繩を再訪する二年近くも前に書かれたものであったことを知るに及んで、私は何か体が震えるような感慨に襲われているのである! これは愚鈍な私にとっての驚きであると同時に、二十二歳の大学生最後の年の、しょぼくれた私自身の不思議な感じの記憶を、懐かしく蘇らせて呉れもしたからなのである。……]

« 島での話   山之口貘 | トップページ | 首   山之口貘 »