フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 結婚   山之口貘 | トップページ | 夢を見る神   山之口貘 »

2014/03/20

友引の日   山之口貘

 友引の日

 

なにしろぼくの結婚なので

さうか結婚したのかさうか

結婚したのかさうか

さうかさうかとうなづきながら

向日葵みたいに咲いた眼がある

なにしろぼくの結婚なので

持參金はたんまり來たのかと

そこにひらいた厚い唇もある

なにしろぼくの結婚なので

いよいよ食へなくなったらそのときは別れるつもりで結婚したのかと

もはやのぞき見しに來た顏がある

なにしろぼくの結婚なので

女が傍にくつついてゐるうちは食へるわけだと云つたとか

そつぽを向いてにほつた人もある

なにしろぼくの結婚なので

食ふや食はずに咲いたのか

あちらこちらに咲きみだれた

がやがやがやがや

がやがやの

この世の杞憂の花々である

 

[やぶちゃん注:初出は昭和一五(一九四〇)年七月発行の『歴程』。

 原書房昭和三三(一九五八)年刊の「定本 山之口貘詩集」では、

そつぽを向いて臭(にほ)つた人もある

 

と改稿している。なお、この「にほつた人」というのは面白い語である。大方の人々は、これを「女が傍にくつついてゐるうちは食へる」ということを嫌な臭いとして感じて「そつぽを向いた」という謂いに採ると思われる。それでよいとは思うが、私は寧ろ、ある人の秘かな匂いを嗅ぎ分けるためにには、その人に知られぬように、わざと「そつぽを向いて」嗅ぎ分けるものだと思う。「におう」という動詞には他動詞としてにおいを嗅ぎ分けるという意味がある。ここはまさにそうしたお前が秘かに「女が傍にくつついてゐるうちは食へる」ということを、俺は「そつぽを向いて」いるけれど、ちゃあんと嗅ぎ分けてるぜ、といった感じの「人もある」と読む。大方の御批判を俟つ。【2014年6月26日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。注を一部削除(不要と判断した再録データ)した。】

« 結婚   山之口貘 | トップページ | 夢を見る神   山之口貘 »