フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 沼と風   八木重吉 | トップページ | 杉田久女句集 116 相寄りて葛の雨きく傘ふれし »

2014/03/12

飯田蛇笏 靈芝 昭和五年(四十二句) Ⅲ



瀧上や大瀨のよどむ秋曇り

 

庵の露木深く月の虧けてより

 

[やぶちゃん注:「虧けてより」は「かけてより」と読む。月の満ち欠け(盈ち虧け)の「欠ける」こと。]

 

霧さぶく屋上園の花に狆

 

やがて又下雲通る案山子かな

 

風雨やむ寺山うらの添水かな

 

[やぶちゃん注:「添水」は「そうづ(そうず)」又は「そふづ(そうず)」と読む。田畑を荒らす鳥獣を音で脅すための仕掛けである鹿威(ししおど)しのこと。「僧都(そうず)」からとも、「案山子(かかし)」の古語「そほど」「そほづ」の音変化からともいう。後には庭園などに設けられてその音を楽しむようになった。秋の季語。参照にした「大辞泉」の「添水」にはまさに本句が例に引かれている。]

 

月虧けて山風つよし落し水

 

[やぶちゃん注:「落し水」(おとしみづ(おとしみず))は、稲を刈る前に田を干すために流し出すこと。]

 

山がつに雲水まじる夜學かな

 

いくもどりつばさそよがすあきつかな

 

[やぶちゃん注:私が莫迦なのか、初五「いくもどり」の意が分からぬ。識者の御教授を乞う。]

 

螽燒く燠のほこほこと夕間暮

 

[やぶちゃん注:「ほこほこ」の後半は底本では踊り字「〱」。「螽」は「いなご」。「燠」は「おき」で赤く熾(おこ)った炭火。熾火(おきび)。字余りが気になる。「燠」の音は「ウ」であるが、それでは聴いても分からぬ。「ひ」(熾火の火)と訓じているか。]

 

霧罩めて日のさしそめし葛かな

 

[やぶちゃん注:「霧罩めて」は「きりこめて」と読む。「罩む」は原義は入れて包むの意で。霧が立ち込めるの意。「葛」は「山廬集」のルビで「かつら」と読んでいることが分かる。蔓性植物の総称。つるくさ・かずらぐさ。]

« 沼と風   八木重吉 | トップページ | 杉田久女句集 116 相寄りて葛の雨きく傘ふれし »