フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「午後」(3) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 御殿蹟 »

2014/03/18

中島敦 南洋日記 一月二十五日

        一月二十五日(日) アイミリーキ

 五時起床。飯もくはず船に乘込む。潮が干てゐるため、カヌーにのつて、ちゝぶ丸迄行く。砂濱に見送る島民共。バスケ、バスケ、バスケ。白砂と森との上に明け行く空。濱に立つて見送る黑き女達。六時十五分出帆。天野の店の女に貰つたビンルンムと燻製と椰子水とオレンヂの朝食。九時半頃コンレイに着くや、交通課の伊藤氏より、クカオ一籠を贈らる。うまし。するめ。アルコロンに着けば、一島女より、マンゴー一籠貰ふ。頗る美味。その他、バナナとオレンヂの大籠一つ。ガラルドにて佐藤校長より彫物一つ。西海岸風穩かにして快し。ガラスマオを經て三時前にアイミリーキに着く。赫土の新開道路を一時間餘歩きて、熱研に着く。途中へゴ羊齒を多く見る。熱研の倶樂部に落着く。眺望の展けし所。一寸滿洲あたりの新開地の如し。夜、情ないラヂオを聽く。

[やぶちゃん注:「バスケ、バスケ、バスケ」不詳。見送りの島民たちが皆持っている籠のことをいうか。

「熱研」このアイミリーキにあった南洋庁熱帯産業研究所。九州大学松原孝俊教授の公式サイト「松原研究室」の「パラオ調査日記」の「Palau通信第5便」(二〇〇九年一月九日のクレジットがある)で当地に熱帯産業研究所があったことが確認出来、「熱帯産業研究所」で諸書誌を調べると、南洋庁と冠していることが分かった。松原氏の記載には『地元の人々が「Nekken」と記憶する』まさに敦が記すこの旧南洋庁熱帯産業研究所跡を訪ねた部分があり、『その一帯は確かに人工的に植樹された椰子の木に囲まれた地域であり、研究目的に人為的な植林が実施されたと推測できるが、現在、その研究所が存在した痕跡を探すことは不可能なほど密林に覆われている。木々を取り除き、草を刈り、表面の土壌を除去すれば、何かの支柱石などが発見できようが、その努力は無駄であり、むしろ自然に還るようにすべきであろう。人々の記憶の中に、「Nekken」という言葉が残り続けようとも』と印象的に擱筆しておられる。椰子などの熱帯植物の農事・林業試験のような研究をしていた場所のように見受けられる。]

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「午後」(3) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 御殿蹟 »