フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作句集 昭和八(一九三三)年十一月 | トップページ | 喪のある景色   山之口貘 / 山之口貘詩集 新作分十二篇電子化開始 »

2014/03/15

ものもらひの話   山之口貘  / 詩集「思弁の花」 後記 詩集「思弁の花」(序文を除く)全電子化終了

 ものもらひの話

 

家々の

家々の戸口をのぞいて歩くたびごとに

ものもらひよ

街には澤山の恩人が増えました。

 

恩人ばかりを振ら提げて

交通妨害になりました。

狹い街には住めなくなりました。

 

ある日

港の空の

出帆旗をながめ

ためいきついてものもらひが言ひました

俺は

怠惰者(なまけもん) と言ひました。

 

[やぶちゃん注:【2014年6月25日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、ミス・タイプ(最後の句点の脱落)を発見、本文を訂正、さらに注を改稿した。】初出は昭和四(一九二九)年九月『爬竜船』とするが、詳細書誌は不詳(「爬竜船」(はりゅうせん)は沖縄のハーリーで用いられる船のことで琉球方言では「はーりーぶに」と読む)。次の「後記」で知れるように、本詩集の中で、製作年代が最も古いバクさんの詩である。初出発表月でバクさんは満二十六歳であった。

 「定本 山之口貘詩集」では四箇所の句点総てが除去され、第二連一行目が、「恩人ばかりをぶら提げて」と改められてある。

 この詩については、バクさんの「ぼくの半生記」(一九五八年十一月から十二月にかけての『沖繩タイムス』への二十回連載)の中で言及がある。かの呉勢(ぐじー)との関係が完全に解消(そこでは実は彼女はバクさんとの婚約を一方的に解消したのだが、その後一度復縁を迫ったことがあったが最早断ったとある)後のこと、呉勢を知る以前の小学生時代に好きだった年下の「M子」に恋い焦がれたのだが、結局、『大正十三年の秋』、この『M子のことを断念して、二度目の上京をしたが、そのときの詩に「ものもらひの話」がある』と記す。失恋のためというのではないにしても、失恋の失意がスプリング・ボードとなっての沖繩出郷であったことが、この詩と文章から強く窺われる。] 

 

後記 

 

 ここにをさめた作品は、一九二三年以後のもの五十九篇である。

 作品の配列を、卷尾の方から卷頭へと製作順にして置いた。

 これらの作品は、殆ど、發表したものであるが、詩集を出すに當つて、近作の中には手を加へたのもある。又、ずつと後になつてから、發表するために手をいれた舊作などあつたが、それらのものはみんな、再び舊態のまんまをここに採用した。 

  ○

  佐藤春夫氏の玉稿は、五年も前に頂戴してあつた。

 金子光晴氏の玉稿もまた、三年前に頂戴してあつた。但し、氏の題目は別に本日いたゞいて來た。

 兩氏、並びに、すゝんでこの書出版の勞をとつて下すつた小笹氏とに深く感謝する次第である。 

  ○ 

 表紙の唐獅子は兄の作。

 一九三八年六月十九日 夜     山之口貘

 

[やぶちゃん注:「兄」十歳違いの長兄重慶であろう(当時のバクさんは三十五歳)。底本全集年譜によれば、『洋画家として既に沖縄画壇に重きをなしていた』と大正六(一九一七)年の八月に十四歳のバクさんが沖繩の美術集団「丹青美術協会」の会員となった記載に載る。重慶は同協会の幹事であり、バクさんはその手助けをしたともある。あまり知られているとは思えないが、バクさんは若き日は画家を志していた。なお、この兄重慶は敗戦から三か月後の昭和二〇(一九四五)年十一月、栄養失調で亡くなっている。以上で山之口貘詩集「思弁の苑」は終わっている。佐藤春夫と金子光晴の著作権は未だ存続中であるので電子化はしない。但し、佐藤春夫は著作権の消滅する来年一月一日以降に電子化する予定ではある。【2014年6月25日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。】

« 篠原鳳作句集 昭和八(一九三三)年十一月 | トップページ | 喪のある景色   山之口貘 / 山之口貘詩集 新作分十二篇電子化開始 »