フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之八 盲人頓才奇難をまぬがれし事 | トップページ | しづかなる ながれ   八木重吉 »

2014/03/19

実相寺昭雄 波の盆

14年も前に買っていながら、放置していた実相寺監督の「波の盆」を今夜、何故か初めて封を切って見る気になった。……これは……笠さん畢生の演技ではあるまいか? 黒沢の「夢」なんぞより遙かに笠さんのライフ・ワークと感じた(笠さんの家は私の行き帰りの道の辺にあって、庭で焚火をする笠さんには何度か無言で挨拶をしたものだった。笠さんは映画の中と全く同じようにこの僕にもあの深々とした礼儀正しい挨拶を返してくれたものだった)。そして――加藤治子の何と美しいことか! 武光の曲も実相寺の映像も素晴らしい!……母の命日に呼ばれるように、僕はこの映画に出逢った気がした――ありがとう……母さん……

二伸:
エンド・ロールで撮影の中堀、美術の池谷、記録の穴倉(往年のスタッフ・スチールの彼女はとてもキュートで女優のようだった)と円谷組の名が並ぶのも懐かしい。編集もとっても上手いなぁ、と思ったら浦岡じゃないか、これは上手くて当たり前だわ。

三伸:
昔、私が生まれる前後の話である。
まだ二十代だった若き日の母が、笠さんとすれ違った。
俳優の笠智衆だわ、と思いながらも恥ずかしいので知らんふりして数メートルほど過ぎてから、そっと振り返ってみたら――
――なんと笠さんも立ち止まって、不思議そうに母をまじまじと見ていたそうだ――
(それはその話を聴いていた十代の僕に小津安二郎の映画の中のワン・シーンのように焼きついた。その光景を僕は実際に見た記憶として錯覚して持っているのである)
――思うに笠さんは、母を女優の誰彼と見紛うていたもののように思われる。
(と言ったのは僕。母は笑いながら黙っていたが)

……生前の母が如何にも嬉しそうに話ししていたエピソードである。……そんなことを今朝方、思い出していた。――

« 耳嚢 巻之八 盲人頓才奇難をまぬがれし事 | トップページ | しづかなる ながれ   八木重吉 »