フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夜   山之口貘 | トップページ | 靑空に圍まれた地球の頂点に立つて   山之口貘 »

2014/03/02

解體   山之口貘

 解體

 

食べものの聯想を添えながら人を訪ねる癖があるとも言へる

ほんとうではあるが高尚ではない私なのである

私との交際は、つきあはないことが得策なのである

主觀的なので誰よりもひもじい私なのである

方々の食卓に表現する食欲が枯木のやうな情熱となつて生えてゐるのである

もうろうと目蓋は開いたまゝなのである

私の思想は死にたいやうでもある

私の體格は生きたいやうなのである

私は、雨にぬれた午後の空間に顏をつつこんでゐるのである

身を泥濘に突きさして私はそこに立ち止まつてゐるのである

全然なんにも要らない思想ではないのである

女とメシツブのためには大きな口のある體格なのである

馬鹿か白癡かすけべえか風邪のかの字にも價しない枯れた體格なのである

精神のことごとくが、あるこうるのやうに消えて乾いてしまふた體格なのである

なんと言つたらよいか

私は材木達といつしよに建築材料にでもなるであらうか。


[やぶちゃん注:【2014年6月22日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、一部の新字を正字化していなかったのを訂正、さらに注を全面改稿した。】初出は昭和四(一九二九)年四月発行『現代詩評』第二号(発行所は東京市外世田ヶ谷若林・詩人協会。思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の解題によれば、前月三月発行の同誌創刊号の『會員動勢』の欄に一月から二月にかけての『新入會員』として『山之口獏』(「獏」はママ)の名が載るとある。

 原書房刊「定本 山之口貘詩集」では句読点が除去されて最後の句点以外は字空けとなり、さらに一行目に、

食べものの聯想を添へながら人を訪ねる癖があるとも言へる

と歴史的仮名遣の訂正が入り、五行目に、

方々の食卓に表現する食欲が 枯木のやうな情熱となつて生えてゐるのである

という字空けが施されてある。]

« 夜   山之口貘 | トップページ | 靑空に圍まれた地球の頂点に立つて   山之口貘 »