フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« はらへたまつてゆく かなしみ   八木重吉 | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(11)「はなあやめ」(Ⅰ) »

2014/03/04

飯田蛇笏 靈芝 大正十四年

 大正十四年(二十五句)

 

たゞ燃ゆる早春の火や山稼ぎ

 

[やぶちゃん注:「山廬集」では、

 

たゞに燃ゆ早春の火や山稼ぎ

 

と改稿している。]

 

いきいきとほそ目かゞやく雛かな

 

[やぶちゃん注:底本では「いきいき」の後半は踊り字「〱」。]

 

夜の雲にひゞきて小田の蛙かな

 

燒けあとや日雨に木瓜の咲きいでし

 

はたはたと鴉のがるゝ木の芽かな

 

[やぶちゃん注:底本では「はたはた」の後半は踊り字「〱」。]

 

温泉山みち賤のゆき來の夏深し

 

夏旅や温泉山出てきく日雷

 

[やぶちゃん注:「日雷」は「ひがみなり」と読み、晴天にも拘わらず、鳴る雷。雨は伴わなず、またそれ故にか、旱(ひで)りの前兆ともされる。夏の季語。]

 

夏山や風雨に越える身の一つ

 

[やぶちゃん注:「山廬集」では、

 

夏山や風雨に越ゆる身の一つ

 

山賤や用意かしこき盆燈籠

 

信心の母にしたがう盆會かな

 

[やぶちゃん注:「したがう」はママ。「山廬集」では「したがふ」と表記。]

 

身一つにかゝはる世故の盆會かな

 

秋虹をしばらく仰ぐ草刈女

 

山風にゆられゆらるゝ晩稻かな

 

[やぶちゃん注:「晩稻」老婆心乍ら、「おくて」と読む。稲の品種で普通より遅く成熟するものを指す。]

 

憎からぬたかぶり顏の相撲かな

 

臥て秋の一と日やすらふ蠶飼かな

 

せきれいのまひよどむ瀨や山颪

 

山寺や齋(とき)の冬瓜きざむ音

 

雲ふかく瀞の家居や今朝の冬

 

[やぶちゃん注:「瀞」「どろ」とも読むが、「とろ」と読みたい。川の水に浸食されて出来た深い淵で流れが緩やかな地形を指す。]

 

冬凪ぎにまゐる一人や山神社

 

雪見酒ひとくちふくむほがひかな

 

[やぶちゃん注:「ほがひ」は「祝ひ・寿ひ」で元来は言祝ぎの謂いであるが、「山廬集」では「樂(ホガ)ひかな」と表記しており、ささやかな内なる祝祭的エクスタシーを表現していよう。]

 

遅月にふりつもりたる深雪かな

 

[やぶちゃん注:「遅月」月の出の遅いことで、季語としては秋であるが、ここは冬のその時期を示している。「深雪」は「みゆき」と読んでおり、これが季語である。]

 

寒灸や惡女の頸のにほはしき

 

[やぶちゃん注:「惡女」は「しこめ」(醜女)と読んでいよう。蛇笏の句の中では諧謔的且つ妖艶な香を、まさに匂わせる好きな句である。]

 

胴着きて興仄かなる心かな

 

かしづきて小女房よき避寒かな

 

日に顫ふしばしの影や雞乳む

 

[やぶちゃん注:「雞乳む」は「とりつるむ」と読ませるのであろう。「乳」には鳥が卵を産むの意があるが、ここはそこから「鳥交(つる)む」、鷄の交尾を指していると考えられる。疑義のある方は、齋藤百鬼の俳句閑日ブログのコメントで本句が掲げられて「とりつるむ」と読むという記載があるので参照されたい。そもそも、「山廬集」では部立を「鶏乳む」としてこの句の次に、

 

雪天や羽がきよりつゝ鶏つるむ

 

句が並ぶ。「乳む」は字面もいい。私なんぞは「乳繰り合う」なんて語も妄想してしまうけれど……。

« はらへたまつてゆく かなしみ   八木重吉 | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(11)「はなあやめ」(Ⅰ) »