フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和五年(四十二句) Ⅳ 昭和五年 了 | トップページ | 中島敦 南洋日記 一月二十三日 »

2014/03/14

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(13)「はなあやめ」(Ⅳ) 「はなあやめ」了



ひとゝせにひとゝき逢ひてひと日をば

千日まつと悲しきたより

 

水の音蛙の唄につゝまれて

かゝる夕べをもの言ひしひと

 

千石の水あぶ心地ひぐらしの

一時に鳴きぬ木陰路入れば

 

[やぶちゃん注:この一首は朔太郎満二十二歳の時の、第六高等学校『交友会誌』明治四一(一九〇八)年十二月号に掲載された歌群「水市覺有秋」の一首、

 千石の水あぶ心地日ぐらしの一時に啼きぬ木蔭路入れば

の表記違いの相同歌。]

 

むらさきの路傍の花のちいさきを

愛でしかばかりに行く車びと

          (以上二首鹽原温泉途上ノ作)

 

[やぶちゃん注:「路傍」の「傍」は原本では「亻」ではなく(こざとへん)であるが、校訂本文を採った。「ちいさき」はママ。底本年譜の明治四一(一九〇八)年八月(朔太郎満二十一歳)の条に、『一家で鹽原温泉へ行く。一人で日光へ廻り、中禪寺湖畔に泊る』とある。この一首も前歌と同じく、歌群「水市覺有秋」の一首、

 むらさきす路上の花のちひさきを愛づるばかりにゆく車かな

の表記違いの相同歌。なお、この折りの中禅寺湖湖畔での経験を素材としたと思われる萩原朔太郎の小説「夏帽子がある(リンク先は私のブログの電子テクスト)。未読の方には是非お勧めしたい作品である。

 

驚きぬ日輪みれば紅熱(ぐねつ)して

日葵向(ひぐるま)花とくちずけするに

 

[やぶちゃん注:「日葵向花」「日葵向」の文字列はママ。朔太郎満二十歳の時の、『無花果』(明治三九(一九〇六)年十一月発行)に「美棹」の筆名で掲載された歌群の一首、

 おどろきぬ日輪みれば紅熱してひまわりばなとくちづけするに

の表記違いの相同歌。

 この一首の次行に、前の「くちづけするに」の「ち」位置から下方に向って、以前に示した特殊なバーが配されて、本「はなあやめ」歌群の終了を示している。]

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和五年(四十二句) Ⅳ 昭和五年 了 | トップページ | 中島敦 南洋日記 一月二十三日 »