フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(13)「はなあやめ」(Ⅳ) 「はなあやめ」了 | トップページ | 耳嚢 巻之八 川上翁辭世の事 »

2014/03/14

中島敦 南洋日記 一月二十三日

        一月二十三日(金) マガンラン

 朝食はツ・ドン(オトキチ)の作りしおぢやに豚肉罐詰。桃缶詰。後、伊藤氏よりパパイヤとバナナ揚を持たせ來る。十時シロウの動かす纖維工場の船にのせて貰ひ、幅廣きリーフを海岸傳ひにアコール迄行く。一帶の見事なる椰子林。マウイの許にて一休。中々しやれた家なり。アコール部落唯一人のインテリなりと。伊藤氏を待てども來らざれば、マガンランに向つて立つ。途中のアカヅ(赭土丘陵地)のタコの木の景觀は實に宜し。兩側に海・リーフの眺望。獨乙時代に運河を掘らんとせし趾といふがあり。パラオ傳説によれば、パラオはオポカズ女神の身體にして、今、通りつゝある地峽は頸に當ると。一時前にマガンランに入る。ヤイチ留守。子供等のみあり。村吏事務所前のアミアカの下の休み場の竹の腰掛にて、ひるねす。やがてヤイチが家の二階に入る。頗る風通しよし。粥を炊かせて喰ふ。アミアカ下の休み場の賑はふは、今日船がコロールより入ればニュースを聞かんとてなり。夕方、土方氏と一島女と共に石柱址を見に行く。左右に海を見下す章魚木多き良き路なり。マンゴーを喰ひつゝ古き石柱を見る。┛形に續ける三列の石柱群。中に人面石數箇。たゞそのあたり一面タピオカ畑となれるには驚かされたり。六時半頃歸る。ヤイチ既に在り。配給に忙し。カムヅックルのさしみと鹽煮とタピオカ。夜、室内は暗けれど、外の月は明るし。月下に、路を距てし一舊家とその前庭の趣、仲々に良し。夜、小便に起れば、ヤイチが板の間に裸體にて熟睡しをれり。

[やぶちゃん注:太字は底本では総て傍点「ヽ」。「┛」は底本では細く、「L」の左右反転型。

「カムヅックル」刺身でも潮煮でも食える海産生物らしいが不詳。識者の御教授を乞う。]

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(13)「はなあやめ」(Ⅳ) 「はなあやめ」了 | トップページ | 耳嚢 巻之八 川上翁辭世の事 »