フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(14)「晩秋哀悼歌」(総てが「ソライロノハナ」のみに載る短歌群) / 「若きウエルテルの煩ひ」了 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 名島 »

2014/03/15

中島敦 南洋日記 一月二十四日

        一月二十四日(土) カヤンガル

 六時前起床。暗き中にてヤイチの女房が炊きし粥を喫し、波止場に向ふ。たこの木。洗身場・小川。水浴せる男兒。休み場に船客多勢。蟹の足を炙りて喰ふもの。靴を穿ち、しやれのめして、幼年倶樂部を讀む娘。燒玉の音を聞きて、一同あわてゝ乘込む。コンレイに寄つてから海は相當に荒る。四時間ばかりにしてカヤンガル島に着く。タマナのすばらしき玉樹。その下の竹の休み場。そこに集へる、赤褌、手斧のルバック達。娘共は少し離れて集まり立ち船を迎ふ。エラタラオ(不在)の家に上り込む。少女ブルブルト。晝食はビンルンムと鮪燻製。椰子水。土方氏に連れられ南村へ行つて見る。アバイ。書かれたディルン・ガイ。南村へ通ずる直線路。印度素馨の竝木。椰子林。ショウカイサンの家で一休。ヤシ蜜作り。猩々木。林の中の村長の家を訪ねしも留守。海岸傳ひに戻る。恐ろしく美しく白き濱。カヤンガル・ゲリュソス・ウルブラス・オルラック四島にて環礁をなし、礁湖を抱けるなり。淺き水の美しさ。貝を拾ふ。カラールバイ女の家に行きバナナを喰ひ蜘蛛貝を貰ふ。面白き女なり。エラタカオの家に戻り一休みしてから獨りで島を歩き廻り、東海岸に出づ。西側の礁湖とは事變り、荒濱なり。歸りてバナナを喰ふ。夕食はブルブルトに飯を炊かせる。アルコロンの天野の店の島民女と其の助手らしき女も此の家に泊る。土方氏背中痛。月夜の屋外に歌聲するにつられて外に出で素馨竝木、海岸等を逍遙。たまなの黑き影の大きさ。濱の白さ。女共。水底の砂もよまるゝ水の明るさ。ポクポクと曲りて葉を落せる素馨の枝を透かして見るオリオン星。夜具無しでゴザの上に寐る。遲く迄女共べチヤクチヤしやべる聲。いやに靜かになつたのに氣付き見ればランプの光の下、誰一人をらぬ如し。(朝見れば、皆隅の方にかたまつて寐てゐたものの如し)

[やぶちゃん注:「燒玉」焼玉エンジン。ウィキの「焼玉エンジン」によれば、『(英:Hot bulb engine)とは、焼玉(やきだま、英:Hot bulb)と呼ばれる鋳鉄製の球殻状の燃料気化器を兼ねた燃焼室をシリンダーヘッドに持ち、焼玉の熱によって混合気の熱面着火を起こし燃焼を行うレプシロ内燃機関の一種。焼玉機関とも言われる。英語では "Hot bulb engine" と呼ばれる』とあるイギリス人ハーバート・アクロイド=スチュアートが一八八六年が試作機を製作、一八九〇年に特許申請、一八九二年には『イギリスのリチャード・ホーンスビー・アンド・サンズ社がスチュアートの特許により初めて商品化した』とある。その後改良されたボリンダー式機関が生まれ、『日本では漁船などの小型船用エンジンとして大いに普及し、焼玉エンジンの代名詞にもなった。小型船用で普及した焼玉エンジンのシリンダー数は普通1本4本で、直列配置で、竪型である。小型船用の焼玉エンジンの1気筒当たりの出力は、およそ3~30日本馬力を出すことができた』が、『後の小型ディーゼルエンジンの普及とガソリンや軽油の入手性向上(石油精製工業の発展による供給量の拡大)により、1950年代以降に焼玉エンジンは衰退し駆逐された』とある。このウィキの光学的部分はとても専門的で、私なんぞにはよく解らない。「プラグのあれこれ」というサイトのページが私のような者にも原理と発動がよく分かる。起動したそれと独特の何だか懐かしい音はかなり動画でアップされている。例えば、とか、

「ビンルンム」十二月二十一日日記に「タピオカのちまき( Binllŭmm )」とある。中島敦の「環礁――ミクロネシヤ巡島記抄――」にも『ビンルンムと稱するタピオカ芋のちまき』(筑摩版旧全集第一巻に拠る。太字は底本では傍点「ヽ」)とある。

「蜘蛛貝」貝殻に独特の七本の棘状突起を持つ腹足綱盤足目スイショウガイ超科スイショウガイ(ソデボラ)科クモガイ属 Lambis lambis 。老婆心乍ら、食用である。]

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(14)「晩秋哀悼歌」(総てが「ソライロノハナ」のみに載る短歌群) / 「若きウエルテルの煩ひ」了 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 名島 »