フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 友引の日   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和九(一九三四)年三月 »

2014/03/20

夢を見る神   山之口貘

 夢を見る神

 

若しも生れかはつて來たならば

彫刻家になりたいもんだと云ふ小説家

 

若しも生れかはつて來たならば

生殖器にでもなりすますんだと云ふ戀愛

 

若しも生れかはつて來たならば

お米になつてゐたいと云ふ胃袋

 

若しも生れかはつて來たならば

なちすになるかそれんになるかどちらになるのかあのすぺいん

 

若しも生れかはつて來たならば

なんにならうと勝手であるが

若しも生れかはつて來たならばなんにならうと勝手なのか

とある時代の一隅を食ひ破り神の見知らぬ文化が現はれた

こがね色のそれん

こがね色のなちす

こがね色のお米

こがね色の彫刻家

こがね色の生殖器

 

あゝ

文明どもはいつのまに

生れかはりの出來る仕掛の新肉體を發明したのであらうか

神は郷愁におびえて起きあがり

地球のうへに頰杖ついた

 

そこらにはゞたく無數の假定

そこらを這ひ摺り廻はつては血の音たてる無數の器械。

 

[やぶちゃん注:初出は昭和一四(一九三九)年三月号『知性』(河出書房発行)。

 原書房昭和三三(一九五八)年刊の「定本 山之口貘詩集」では、十一行目を、

 

なちす になるか それん になるか どちらになるのか あのすぺいん

 

とし、また最終行を、

 

そこらを這ひ摺り廻つては血の音たてる無數の器械

 

と「廻はつては」を「廻つては」とし、句点を除去する(「定本 山之口貘詩集」も恣意的に正字化した)。

 この詩が昭和十五年刊行の詩集にあるということは驚異に値すると私は思う。そこでは最後に地球「はゞたく無數の假定」としての「そこらを這ひ摺り廻はつては血の音たてる無數の器械」としての相対化されてあるあらゆる政治思想が正当化する戦争に対して、強烈な否定が示されていることは誰が読んでも明白である(と私は思う)。この反戦詩が官憲の目を逃れていたとは(後掲される現在、バクさんの「反戦詩」として比較的知られている「紙の上」よりも遙かに直裁的であるにも拘わらず、だ)、何か私にはとても痛快無比なこと、なんである。【2014年6月26日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。注を一部追加した。】

« 友引の日   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和九(一九三四)年三月 »