フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作句集 昭和九(一九三四)年七月 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 蟲之上 海馬 »

2014/03/27

飯田蛇笏 靈芝 昭和七年(七十二句) Ⅳ



手向けたる七個の池の水の色

 

[やぶちゃん注:「七個の池」不詳。識者の御教授を乞う。]

 

歸省子にその夜の故園花幽き

 

[やぶちゃん注:「幽き」は「かそけき」ではなく、「あはき」(淡き)と訓じているか。]

 

鏡みるすがしをとめや暑氣中り

 

鬱々と蒼朮を焚くいとまかな

 

[やぶちゃん注:「蒼朮」は「さうじゆつ(そうじゅつ)」と読み、キク目キク科オケラ属ホソバオケラ Atractylodes lancea の根茎の生薬名。中枢抑制・胆汁分泌促進・抗消化性潰瘍作用などがあり、啓脾湯・葛根加朮附湯などの漢方調剤に用いられる。参照したウィキの「ホソバオケラ」によれば、『中国華中東部に自生する多年生草本。花期は9〜10月頃で、白〜淡紅紫色の花を咲かせる。中国中部の東部地域に自然分布する多年生草本。通常は雌雄異株。但し、まれに雌花、雄花を着生する株がある。日本への伝来は江戸時代、享保の頃といわれる。特に佐渡ヶ島で多く栽培されており、サドオケラ(佐渡蒼朮)とも呼ばれる』とある。]

 

凉趁うて埠頭の闇や夏帽子

 

[やぶちゃん注:「趁うて」は「おうて」で「追うて」と同義。]

 

帶の上の乳にこだはりて扇さす

 

蚊遣火のなづみて闇の咫尺かな

 

[やぶちゃん注:蚊遣火が闇に圧倒され、しかもその闇が間近に接近してきて、その闇に恰も摑まれんとするかのような、ある種の無音の凄絶感がよく出ている名句である。]

 

雷神をのぞめる僕や富士登山

 

下山して西湖の舟に富士道者

 

  五合目附近、石楠花咲きみだるゝ邊りの地に、

  強力の茯苓を掘れる。

茯苓を一顆になへり登山杖

 

[やぶちゃん注:「茯苓」菌界担子菌門菌じん綱ヒダナシタケ目サルノコシカケ科 Poria 属マツホド Poria cocos の菌核。アカマツ・クロマツ等のマツ属植物の根に寄生して形成する球形の茸(子実体はほとんど見られず球状の菌核のみが見つかることが多い)で表面は暗褐色、内は白色。漢方で利尿・鎮痛・鎮静などに用いる。]

« 篠原鳳作句集 昭和九(一九三四)年七月 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 蟲之上 海馬 »