フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 停滞にはあらず | トップページ | 今日も停滞にあらず »

2014/04/29

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 36 錐の使い方 附注“Japanese Homes and Their Surroundings”より“CHAPTER I. THE HOUSE.”の“JAPANESE CARPENTEBS.”及び“CARPENTERS' TOOLS AND APPLIANCES.”

注釈で複数のフォントを使用しているため、本文を明朝で示した。


M337

図―337

 

 大工が仕事をしているのを見ると、いろいろなことを、我々のやり方とは、非常に違った方法でやり、また我々が必要欠くべからざるものと思っている器具を一つも使わないので、中々興味がある。柄の短い突錐で穴をあける場合、我々は柄を片手で振り、手を前後に動かして穴をあけるが、日本人は柄の長い突錐(図337)を使用し、開いた両手を柄にあてがい、それを迅速に前後に動して、柄を回転させる。手が次第に下へ下って来ると、彼等は即刻手を柄の上端へ持って来て、運動を続ける間、絶間なく下へ下へと押しもみ、このようにして、彼等は非常に早く穴をあける。彼等は大工用の細工台とか、我国の万力とかいうような仕掛は、まるで持っていない。鋸には長い、まっすぐな柄がついているが、彼等はこんな柄でも両手を使う事が出来る。日本人が万力の用途に使用するものは、実に不細工で不便である【*】。

[やぶちゃん注:「我々は柄を片手で振り、手を前後に動かして穴をあける」これは所謂、ハンドル錐(くりこ錐。「公益財団法人竹中大工道具館」の「錐の種類」を参照されたい。後掲する“Japanese Homes and Their Surroundings”の記載によれば、既にアメリカのそれはここに写真で出るような螺旋状のネジ錐であったものと思われる)の様式を言っているのであろう。

「鋸には長い、まっすぐな柄がついているが、彼等はこんな柄でも両手を使う事が出来る」欧米の鋸は、本邦の鋸とは逆に柄の部分の腰(歯のついている鋸の身)が広く、先に行くほど狭くなっており、柄の部分は棒状ではなく、広い腰に合わせた平たい握り手、グリップの着いたタイプが一般的である。

 

* 然し我々は、大工の道具と彼等が仕事をする方法とに関する詳細を、『日本の家庭』について見なくてはならぬ。

[やぶちゃん注:これは、既出の“Japanese Homes and Their Surroundings”の記載を指す。これまで同様、以下に本電子化の参考にもしている“Internet Archive: Digital Library of Free Books, Movies, Music & Wayback Machine”にある同書の電子テクスト・データを、同所にある原書画像(PDF版)で視認校訂した当該箇所“CHAPTER I. THE HOUSE.”の“JAPANESE CARPENTEBS.”及び続く“CARPENTERS' TOOLS AND APPLIANCES.”の原文を総て示す(原書p.35-41)。図版は斎藤正二・藤本周一訳「日本人の住まい」(八坂書房二〇〇二年刊)のものを用い、相応しいと思われる位置に配した。私は英語に暗く、一行宛に一度は辞書を引かねば読めぬほどであるが、主に同八坂書房版の訳を参考にしながら、途中に簡単なオリジナル注を《やぶちゃん注》で挿んでおいた。読解の参考になれば幸いである。

   *

   A somewhat extended experience with the common everyday carpenter at home leads me to say, without fear of contradiction, that in matters pertaining to their craft the Japanese carpenters are superior to American. Not only do they show their superiority in their work, but in their versatile ability in making new things. One is amazed to see how patiently a Japanese carpenter or cabinet-maker will struggle over plans, not only drawn in ways new and strange to him, but of objects equally new, — and struggle successfully. It is a notorious fact that most of the carpenters in our smaller towns and villages are utterly incompetent to carry out any special demand made upon them, outside the building of the conventional two-storied house and ordinary roof. They stand bewildered in the presence of a window-projection or cornice outside the prescribed ruts with which they and their fathers were familiar. Indeed, in most cases their fathers were not carpenters, nor will their children be; and herein alone the Japanese carpenter has an immense advantage over the American, for his trade, as well as other trades, have been perpetuated through generations of families. The little children have been brought up amidst the odor of fragrant shavings, — have with childish hands performed the duties of an adjustable vise or clamp ; and with the same tools which when children they have handed to their fathers, they have in later days earned their daily rice.

《やぶちゃん注:冒頭でモースが依頼した欧米風の設計図を美事に成し遂げる点に於いて日本の大工職人はアメリカの大工よりも技術や創意工夫ともに優れていると例によって絶賛、移民の国アメリカに於いては最初の大工は皆、専門職ではなかったから、それを世襲した連中から腕のいい職人は生まれなかったのであろうと推理する。最後は本邦の大工の子が鉋屑の匂いの中で育てられ(大工に限らず他の職でも同様に)、父の馴染みの同じ道具をもって生業を立てるというシステム・循環的な生活史を、モースは技術の練磨と継承という点で高く評価していることが分かる。》

 

   When I see one of our carpenters' ponderous tool-chests, made of polished woods, inlaid with brass decorations, and filled to repletion with several hundred dollars' worth of highly polished and elaborate machine-made implements, and contemplate the work often done with them, — with everything binding that should go loose, and everything rattling that should be tight, and much work that has to be done twice over, with an indication everywhere of a poverty of ideas, — and then recall the Japanese carpenter with his ridiculously light and flimsy tool-box containing a meagre assortment of rude and primitive tools, — considering the carpentry of the two people, I am forced to the conviction that civilization and modern appliances count as nothing unless accompanied with a moiety of brains and some little taste and wit.

《やぶちゃん注:精密巧緻で驚くほど豪華にして高価な道具を持ったアメリカの大工の仕事が満足のゆくものでないこと、日本の大工が驚くほど単純粗末で如何にも原始的にして不十分な道具を以って美事な仕事をなすことを考えると、文明の道具は、そこにそれに相応した知性そして審美眼とウィットがなくては役をなさぬというのである。現代のこの爛れきった遙かに人の倫理を抜け駆けしてしまった科学技術を知ったら、モース先生はどう思うであろうか? そんなことを考えさせる含蓄のある末尾である。》

 

   It is a very serious fact that now-a-days no one in our country is acquiring faithfully the carpenter's trade. Much of this lamentable condition of things is no doubt due to the fact that machine-work has supplanted the hand-work of former times. Doors, blinds, sashes, mouldings are now turned out by the cord and mile, and, all done in such greedy haste, and with the greenest of lumber, that if it does not tumble to pieces in  transportation it is sure to do so very soon after entering into the housestructure. Nevertheless, the miserable truth yet remains that any man who has nailed up a few boxes, or stood in front of a circular saw for a few months, feels competent to exercise all the duties of that most honorable craft, — the building of a house.

《やぶちゃん注: この段落は専らアメリカの大工職の根源的問題点(拙速な機械労働が前代の丁寧な手工労働を駆逐したことによって大工資格に対して安易なプライドが形成されてしまったこと)を述べている。“Much of this lamentable condition of things is no doubt due to the fact that machine-work has supplanted the hand-work of former times.”の末と段落末尾に注が附くが、ともに欧米の大工やその技術的難点を述べており、本邦の大工の問題とは無縁なので省略した。

mouldings”は“molding”と同じで建築用語でモールディングのこと。刳形(くりがた。繰型)・蛇腹・回り縁などと訳され、壁と天井/壁と床/何らかの段差などに施す建築意匠を指す。

housestructure”原文では一単語になっている。家屋構造。》

 

   It may be interesting, in this connection, to mention a few of the principal tools one commonly sees in use among the Japanese carpenters. After having seen the good and serviceable carpentry, the perfect joints and complex mortises, done by good Japanese workmen, one is astonished to find that they do their work without the aid of certain appliances considered indispensable by similar craftsmen in our country. They have no bench, no vise, no spirit-level, and no bit-stock; and as for labor-saving machinery, they have absolutely nothing. With many places which could be utilized for water-power, the old country saw-mill has not occurred to them.2  Their tools appear to be roughly made, and of primitive design, though evidently of the best-tempered steel. The only substitute for the carpenter’s bench is a plank on the floor, or on two horses; a square, firm, upright post is the nearest approach to a bench and vise, for to this beam a block of wood to be sawed into pieces is firmly held (fig. 26). A big wooden wedge is bound firmly to the post with a stout rope, and this driven down with vigorous blows till it pinches the block which is to be cut into the desired proportions.

Fig26

FIG. 26. — A JAPANESE CAUPENTEE'S VISE.

 

《やぶちゃん注:ここからが“CARPENTERS' TOOLS AND APPLIANCES.”(大工職人の道具とその使用法)。

complex mortises”複雑な枘接(ほぞつ)ぎ用の孔。

vise”万力。但し、ここでモースは日本の大工道具には万力はないと言っているので、実は“FIG. 26. — A JAPANESE CAUPENTEE'S VISE.”は、日本の大工がする「万力」の代わりの、手近にある頑丈な柱を利用した仕事台とし(“the nearest approach”)、そこを用いて即席の万力様のシステムを作り出す、という謂いであることが分かる。但し、「日本その日その日」では「日本人が万力の用途に使用するものは、実に不細工で不便である」とちょっと辛口である。

bit-stock これは現在は“bit stock drill”で、ネジ錐及びそれに回転式の柄のついたハンドル錐(くりこ錐)を指すものと思われる。前掲訳書では『まわし柄』と訳し、割注して『回転錐用』とある。

With many places which could be utilized for water-power, the old country saw-mill has not occurred to them.2”の部分には以下の注がページ下に附されてある。

   2 A Government bureau called the Kaitakiishi, now fortunately extinct, established in Yezo, the seat of its labors, one or two saw-mills; but whether they are still at work I do nut know.

この注に現われる“the Kaitakiishi”とは「開拓使」で明治初期の太政官に属する一官庁。北海道(初期には樺太を含んだ)の開拓を任務としたもので、明治二(一八六九)年七月の版籍奉還直後に設置され、明治一五(一八八二)年二月に廃止されている。この間、明治三年二月に樺太開拓使を分置、開拓使も「北海道開拓使」と称したが、廃藩置県後の翌明治四年八月には再び統合して「開拓使」となった。版籍奉還後直ちに開拓使が設置されたのは、日本とロシアの雑居していた当時の樺太を巡ってロシアとの関係が緊張し、また北方の開拓が急務とされたからであり,開拓によって国富を増進できるのではないかという期待もあったことによる。開拓使の廃止後は札幌県・函館県・根室県が設立されている(以上は主に平凡社の「世界大百科事典」に拠る)。ここでモースは“fortunately”(幸運にも)と添えている。この直後にモースは蝦夷を旅しており、その厳しい自然を前提に置いた記述であろうと思われる。》

 

   In using many of the tools, the Japanese carpenter handles them quite differently from our workman; for instance, he draws the plane towards him instead of pushing it from him. The planes are very rude-looking implements. Their bodies, instead of being thick blocks of wood, are quite wide and thin (fig. 27, D, E), and the blades are inclined at a greater angle than the blade in our plane. In some planes, however, the blade stands vertical; this is used in lieu of the steel scrapers in giving wood a smooth finish, and might be used with advantage by our carpenters as a substitute for the piece of glass or thin plate of steel with which they usually scrape the surface of the wood. A huge plane is often seen, five or six feet long. This plane, however, is fixed in an inclined position, upside down; that is, with the blade uppermost. The board, or piece to be planed, is moved back and forth upon it.

《やぶちゃん注:既に何度かモースも指摘しているところの、よく知られた欧米と日本の道具の用法の一事が万事逆という例の面白い現象を最初に述べる。

the steel scrapers”モースが言っているのは材木加工に於いて最終の表面仕上げの施工に用いられるものを指している。現在の箆(へら)状の刃に柄を付けた金属製のスクレイパーに相当するものであるが、本文を読むと、当時、欧米ではそうした仕上げには通常は専門工具ではなく、ガラス片や金属の薄い破片を用いていたことが分かる。

five or six feet”約1・5から1・8メートル。ここに記された鉋は所謂、加工の中仕上げで用いられるところの、より真っ直ぐに仕上げるために長い台に刃が仕込まれてある、反転させて設置された長台鉋(ながだいかんな)のことである。》

Fig27

FIG. 27 — CARPENTERS' TOOLS IN COMMON USE.

 

   Draw-shaves are in common use. The saws are of various kinds, with teeth much longer than those of our saws, and cut in different ways. Some of these forms reminded me of the teeth seen in certain recently patented saws in the United States. Some saws have teeth on the back as well as on the front, one edge being used as a cross-cut saw (fig. 27 B, C ). The hand-saw, instead of having the curious loop-shaped handle made to accommodate only one hand as with us, has a simple straight cylindrical handle as long as the saw itself, and sometimes longer. Our carpenters engage one hand in holding the stick to be sawed, while driving the saw with the other hand; the Japanese carpenter, on the contrary, holds the piece with his foot, and stooping over, with his two hands drives the saw by quick and rapid cuts through the wood. This style of working and doing many other things could never be adopted in this country without an importation of Japanese backs. It was an extraordinary sight to see the attitudes these people assumed in doing work of various kinds. A servant girl, for example, in wiping up the floor or verandah with a wet cloth, does not get down on her knees to do her work, but bending over while still on her feet, she pushes the cloth back and forth, and thus in this trying position performs her task.

《やぶちゃん注:最後の部分は日本人の大工が鋸を挽く際の背中に隠された秘訣を述べ、女中が板の間の雑巾がけをし遂げる、その驚くべき同じような姿勢に対する驚嘆が綴られている。

Draw-shaves”は一般には“drawknife”と同義で、両端に取っ手が附いた手元に引いて削る引き削り鉋を指すが、ここでは図の通り、広く鋸も含む木挽き道具類を指している。

a cross-cut”横挽き用。縦挽きと横挽きの鋸の目の違いは、「公益財団法人竹中大工道具館」の「鋸」が詳しいので参照されたい。》

 

   The adze is provided with a rough handle bending considerably at the lower end, not unlike a hockey-stick (fig. 27, A ). In summer the carpenters work with the scantiest clothing possible, and nearly always barefooted. It is a startling sight to a nervous man to see a carpenter standing on a stick of timber, hacking away in a furious manner with this crookedhandled instrument having an edge as sharp as a razor, and taking off great chips of the wood within an inch of his naked toes. Never having ourselves seen a toeless carpenter, or one whose feet showed the slightest indication of his ever having

missed the mark, we regarded as good evidence of the unerring accuracy with which they use this serviceable tool.

《やぶちゃん注:“The adze”綴りは“adz”とも。手斧(ちょうな。「釿」とも書く)のこと。直角に曲がった大きな平鑿(ひらのみ)を木製の柄をつけた鍬形の斧。木材を荒削りした後に平らにする際に用いる。なお、「ちょうな」という呼称は古語の「ておの」の音変化「てうな」に基づく。

the scantiest clothing possible”可能な限り、ぎりぎりの衣裳、褌一丁。

crookedhandled”柄が(奇体なまでに)ひん曲がった、という謂いであろう。

an inch”2・54センチメートル。》

 

   For drilling holes a very long-handled awl is used. The carpenter seizing the handle at the end, between the palms of his hands, and moving his hands rapidly back and forth, pushing down at the same time, the awl is made rapidly to rotate back and forth; as his hands gradually slip down on the handle he quickly seizes it at the upper end again, continuing the motion as before. One is astonished to see how rapidly holes are drilled in this simple, yet effective way. For large holes, augers similar to ours are used. Their chisel is also much like ours in shape. For nailing in places above the easy reach of both hands they use a hammer, one end of which is prolonged to a point; holding, then, a nail between the thumb and finger with the hammer grasped in the same hand, a hole is made in the wood with the pointed end of the hammer, the nail inserted and driven in.

 

《やぶちゃん注:錐・鑿(のみ)・金槌の説明。私は金槌の尖った方の用法を、モースのこの叙述を読んで初めて知った。情けない。

ここを特に「日本その日その日」では絵入りで紹介しているのである。》

Fig28

FIG.28. — A JAPANESE NAIL-BASKET.

 

   A portable nail-box is used in the shape of a round basket, to which is attached a short cord with a button of wood or bamboo at the end; this is suspended from a sash or cord that encircles the waist (fig. 28). The shingler’s nail-box has the bottom prolonged and perforated, so that it may be temporarily nailed to the roof (fig. 64).

《やぶちゃん注:個々人の携帯用の釘入れの説明。

fig. 28”には持ち主の名と思われる「服部」という文字と、その下に屋号(?)のようなマークが見える。モースの細心の絵心が嬉しい。

fig. 64”はこの章ではなく、次の“CHAPTER II. TYPES OF HOUSES.”の“Shingled Roofs”(前掲訳書では『板葺屋根』)にある図である。以下に図のみ示しておく。

Fig64

FIG.64. ROOF WITH SHINGLES PARTLY LAID.

 

この前掲訳書のキャプションには『杮板を部分的に葺いたところ。』とある(「杮」の字は「柿」とは別字(五画の「市」ではなく中央の縦画が一画)で「こけら」なので注意されたい)。》

Fig29

FIG. 29. — A CARPENTER'S MARKING-BRUSH MADE OF WOOD.

Fig30

FIG. 30. — THE SUMI-TSUBO.

 

   There are three implements of the Japanese carpenter which are inseparable companions; these are the magari-gane, sumi-sashi, and sumi-tsubo. The magari-gane is an iron square rather narrower than our square. The sumi-sashi is a double-ended brush made out of fibrous wood, rounded at one end, and having a wide sharp edge at the other (fig. 29). The carpenter always has with him a box containing cotton saturated with ink ; by means of the sumi-sashi and ink the carpenter can mark characters and signs with the rounded end, or fine black lines with the sharp edge. One advantage attending this kind of a brush is that the carpenter can make one at a moment's notice. The sumi-tsubo (fig. 30, A, B ) is the substitute for our carpenter's chalk-line ; it is made of wood, often curiously wrought, having at one end a cavity scooped out and filled with cotton saturated with ink, and the other end has a reel with a little crank. Upon the reel is wound a long cord, the free end of which passes through the cotton and out through a hole at the end of the instrument. To the end of the cord is secured an object resembling an awl. To make a line on a plank or board the awl is driven into the wood, the cord is unreeled, and in this act it becomes blackened with ink ; by snapping the cord in the usual way, a clear black line is left upon the surface of the wood. It is then quickly reeled up again by means of a little crank. This instrument is an improvement in every way over the chalk-line, as it is more convenient, and by its use a clear black line is left upon the wood, instead of the dim chalk-line which is so easily effaced. This implement is often used as a plumb-line by giving a turn to the cord about the handle, thus holding it firmly, and suspending the instrument by means of the awl.

《やぶちゃん注:“the magari-gane, sumi-sashi, and sumi-tsubo”一応、それぞれ漢字を当てておくと、「曲尺」「墨刺」「墨壺」である。特に挿絵も含め、あの奇体な形態の墨壺の描写とその使用法の説明は美事としか言いようがない。なお、これは本邦でいう「大工の三種の神器」ではない。その場合は、「指金(さしがね)」・墨壺、そして先に出た釿(ちょうな)を指す。》

Fig31

FIG.31THE JAPNESE P LUMB-LINE.

 

   A plumb-line is made with a strip of wood four or five feet in length, to each end of which is nailed, at right angles, a strip of wood four or five inches long, projecting an inch on one side. These two transverse strips are of exactly the same length, and are so adjusted to the longer strip as to project the same distance. From the longer arm of one of these pieces is suspended a cord with a weight at the lower end. In plumbing a wall, the short ends of the transverse pieces are brought against the wall or portion to be levelled, and an adjustment is made till the cord just touches the edge of the lower arm. The accompanying sketch (fig. 31) will make clear the appearance and method of using this simple device.

《やぶちゃん注:“A plumb-line”鉛直線。附図の方は鉛直器と訳すべきか(前掲訳書では『日本の下げ振り定規。』とする)。

four or five feet”約1・22~1・52メートル。

four or five inches”10・16~12・7センチメートル。》

 

   In gluing pieces of wood together, more especially veneers, the Japanese resort to a device which The Japanese resort to a device which is common with American cabinet-makers, — of bringing into play a number of elastic or bamboo rods, one end coming against a firm ceiling or support, and the other end pressing on the wood to be united. In polishing and grinding, the same device is used in getting pressure.

《やぶちゃん注:合板の方法。アメリカのそれと同じであると述べている。》

 

   This necessarily brief description is not to be regarded in any way as a catalogue of Japanese carpenters' tools, but is intended simply to describe those more commonly seen as one watches them at their work. The chief merit of many of these tools is that they can easily be made by the users ; indeed, with the exception of the iron part, every Japanese carpenter can and often does make his own tools.

《やぶちゃん注:日本の大工道具の素早く取り出せるという機敏迅速性、どんな大工も金属部分を除いて、大工自身が自分が用いる大工道具を作ることが出来、実際によく作る、という点にモースは感心している。》

Fig32

FIG. 32. — ANXIENT CARPEXTER. (CORIED FROM AN OLD PAINTING.)

 

   By an examination of old books and pictures one gets an idea of the antiquity of many objects still in use in Japan. I was shown, at the house of a Japanese antiquary, a copy of a very old maki-mono (a long scroll of paper rolled up like a roll of wall-paper, on which continuous stories or historical events are written or painted). This makimono in question was painted by Takakana, of Kioto, five hundred and seventy years ago, and represented the building of a temple, from the preliminary exercises to its completion. One sketch showed the carpenters at work hewing out the wood and making the frame. There were many men at work; a few were eating and drinking; tools were lying about. In all the tools represented in the picture, — of which there were chisels, mallets, hatchets, adzes, squares, and saws, — there was no plane or long saw. A piece of timber was being cut longitudinally with a chisel. The square was the same as that in use to-day. The tool which seemed to take the place of a plane was similar to a tool still used by coopers, but I believe by no other class of workmen, though I remember to have seen a man and a boy engaged in stripping bark from a long pole with a tool similar to the one seen in the sketch (fig. 32).

《やぶちゃん注:私は、これは絵巻「春日権現験記」の第一巻の第三段目に当たる普請場の様子を描いた箇所から転写したものとみて間違いないと考えている。三橋順子氏のブログ「絵巻に描かれた(鎌倉時代の)普請場の様子」の中ほどの「(6)槍鉋ではつる」のところに当該の絵がある。槍鉋で斫(はつ)って調整しているその様子は、匠自身の顔の向き・被った烏帽子のみならず、彼自身のやや丸っこい体型に至るまで酷似しているからである。さらに奈良女子大学の同絵巻画像で確認すると、この当該の匠の描かれた後の右手の方に二人の遊んでいる子どもらしき二人の人物が描かれており、そこにまさにこの図の下に描かれている特長のある道具箱が置かれているのである。三橋氏はこれについても同ブログ記事の「(9) 道具箱」でトリミングされており、そこには『工人が工具を入れて運ぶ木製の道具箱である』。『蓋の裏に3つの桟があり、中央の桟には鋸が挟めて固定できるようになっている』。『蓋は紐で縛って固定したようだ』。『こうした道具箱は、昭和40年代まで大工さんが使っていた』とある。そしてなによりも私が強く興味を惹かれるのは、そこにいる二人の子どもなのである。これは道具箱の傍でじゃれあっており、服装からもどうみてもそこで仕事をしている誰彼の匠の子と思われるのである。とすれば、これはモースが先に述べたように、この匠の子どもたちはまさに「鉋屑の匂いの中で」、「父親の手伝いをし」(この二人はまともな手伝いのようには残念なことに見えないけれども、これが大工の子であることは間違いない。次の注に出したが、他のシーンでは実際に手伝っているのである!)、「その時と同じ道具を以って生業を立てる」ことになるという謂いを、美事に裏打ちする大昔の絵ということになるのではあるまいか?……私はこの元絵を見出だして、何か今、ひどく楽しい気持ちで一杯なのである。……

Takakana, of Kioto”その絵巻の作者は京都の「タカカナ」である、というのである。斎藤正二・藤本周一訳「日本人の住まい」には『「暮帰絵詞」をかいた藤原隆章をさすか?』と割注する。藤原隆章(たかあき 生没年未詳)は法名は覚智、南北朝期の画家で京都祇園社の絵師職を勤めた。観応二・正平六(一三五一)年に子の隆昌とともに本願寺三世覚如の一代記「慕帰絵(ぼきえ)」全十巻を描いたが、これは当時の生活風俗を知る上で貴重な資料とされ、「諏訪大明神縁起並祭礼絵」の制作にも携わった(ここは講談社「日本人名大辞典」に拠る)人物である。当該訳書の訳者はこれによってモースの見た絵巻原本を「暮帰絵絵詞」と推定しているように思われる。残念ながら同絵巻を今実見出来ないので何とも言えないが(このような大工仕事の絵と一致するものがあるかどうかという点でということである。しかしこの「暮帰絵絵詞」絵巻はモースが見た当時から逆算すると五二七年前にしかならず、これはモースの「五百七十年前」という謂いと有意に齟齬する)、前の注で示した通り、私はこれは「春日権現験記」の絵師高階隆兼(たかしなたかかね)の「たかかね」を誤ったものと断定する。平凡社「世界大百科事典」によれば、鎌倉後期の社寺縁起絵巻の代表作「春日権現験記」二十巻は藤原氏の氏神である春日大社の由来と数々の霊験譚を描いた絵巻で、付属する目録奥書によって、延慶二(一三〇九)年に西園寺公衡(きんひら)が春日明神の加護による藤原氏一門の繁栄を祈願するため春日大社に奉納したこと、絵は宮廷の絵所預(えどころあずかり)高階隆兼が描き、詞書を公衡の弟、覚円法印が起草して前関白鷹司基忠とその子息三名が書き写したことが知られる、とある。「朝日日本歴史人物事典」によれば、高階隆兼(生没年不詳)は鎌倉後期の宮廷絵所絵師で右近大夫将監、後伏見・花園天皇膝下の宮廷絵師として一時代を画した画家であった。延慶二(一三〇九)年から元徳二(一三三〇)年までの事蹟を辿ることが出来、後伏見院寄進の日吉社神輿の彩色(一三一五年)・花園天皇の命による「愛染明王像」(一三二一年)・藤原為信筆の「加茂祭礼絵巻」の模写(一三三〇年)などがある。確定的な作品としては御物「春日権現霊験記」(一三〇九年・宮内庁蔵)と「春日影向図」(一三一二年・藤田美術館蔵)が挙げられ、特に前者は平安期の絵師常磐光長以来の「やまと絵」の伝統を復古させたとされる、明度の高い色調と抑揚感のある軽やかな描線を用いた格調のある完成度の高い作品である。隆兼自身或いはその様式による現存作品として「玄奘三蔵絵巻」(藤田美術館蔵)・石山寺「石山寺縁起絵巻」(七巻の内の一~三巻が隆兼筆とされる)・京都矢田寺「矢田地蔵縁起絵巻」などがある。また「絵師草子」(東京国立博物館蔵)・「なよたけ物語絵巻」(金刀比羅宮蔵)などの同様式の作例もあり、その影響は南北朝半ば頃まで続いている、とある。モースはその絵巻は“five hundred and seventy years ago”(五百七十年前)のものだと述べているが、「春日権現験記」の描かれた延慶二(一三〇九)年は明治一一(一八七八)年から実に五六九年前でドンピシャである。》

 

   The sumi-tsubo was much more simple and primitive in form in those times, judging from the sketch given on page 42 (fig. 30, C ). A carpenter's tool-box is shown quite as small and light as similar boxes in use to-day. To the cover of this box (fig. 32) is attached a curious hand-saw with a curved edge. Large saws with curved edges, having handles at both ends, to be worked by two men, are in common use; but I have never seen a hand-saw of this shape. All the saws represented in the picture had the same curved edge.

《やぶちゃん注:この墨壺の描写はやはり三橋氏のブログ記事の「(3)材に当たりをつける・墨縄を打つ」に出る。絵巻では先の槍鉋を遣っている匠の前(右手前)の丸太(最下部)とその上の角材のシーン(これは絵巻の作法から加工の時系列の変化を示していると考えられる)に出(ここで都合、三基が確認出来る)、モースが述べるように、その形は明治期のそれよりも「シンプルで原始的」であることも現認出来る。それは長方形で半分が墨溜めになったもので、モースのいうように、図30の“C”タイプがそれをよく示したものである。三橋氏の説明によれば、『下の2人はL字形の定規を使って丸太材の小口に竹筆で印をつけている』。『右側の男は片目をつぶって、慎重に印をつける位置を決めている』。『上では、墨壺から引き出した墨糸を持ち上げて、板材に打とうとしている』。『こうした直線の引き方は、昭和40年代くらいまで、大工さんがやっていた』。『少なくとも鎌倉時代後期から650年以上同じ技術が使われていたことになる』。『ここでも、子供が墨糸の端を押さえて、手伝いをしている』(下線やぶちゃん)。ここで三橋氏が『ここでも』と言っておられるのは、実はそのさらに右手に三橋氏曰く「水準を出す・水糸を張る」シーンが描かれており、そこでは水準器である細長い浅い水槽(長さは『三尺』九〇センチメートル程と三橋氏は推定されている)で水面から長さ一尺(三〇センチメートル)程の竹ひごのようなものを真っ直ぐに立てて、水糸(正確な垂線を確定するためか二段に張っているように見える)を張っている様子が描かれてあるのであるが、そこでは明らかに禿風の頭髪の『子供が曲物から柄杓で水を注いで手伝いをしている』(下線やぶちゃん)からである。……ああ! なんて素晴らしい!……》

 

   Nothing is more to be commended than the strong, durable, and sensible way in which the Japanese carpenter erects his staging. The various parts of a staging are never nailed together, as this would not only weaken the pieces through which spikes and nails have been driven, but gradually impair its integrity. All the pieces, upright and transverse, are firmly tied together with tough, strong rope. The rope is wound about, again and again, in the tightest possible manner. Buddhist temples of lofty proportions are reared and finished, and yet one never hears of the frightful accidents that so often occur at home as the results of stagings giving way in the erection of similar lofty structures. How exceedingly dull and stupid it must appear to a Japanese carpenter when he learns that his Christian brother constructs a staging that is liable, sooner or later, to precipitate him to the ground.

《やぶちゃん注:最後に(これは実に“CHAPTER I. THE HOUSE.”の終わりに当たる)本邦の大工が、一切、釘を用いずに、頑丈で耐久性に優れた足場を組み立てるそのさまを褒め称え、日本でこの足場が崩れて事故が起きたという話は聞いたことがないほどしっかりしたものだとし、母国アメリカで高層建築の足場が『崩壊して痛ましい事故が多発するのと対照的で』、『キリスト教を信奉する異国の同業者が、早晩、みずからを大地に落下させるような足場を組むということを日本の大工が知るならば、なんとひき締らない愚かしいことをしているのだろうと思うことだろう』(引用は八坂書房二〇〇二年刊斎藤正二・藤本周一訳「日本人の住まい」より)と大嫌いなキリスト教をわざわざ引き合いに出して、いつものようにビシッとアイロニックにスパイシーに決めて擱筆している。だあい好き! モース先生(センセ)!

spikes and nails”スパイクは大釘(鉄道線路専用の犬釘もこう綴る)、ネェルは普通の釘や鋲の意(因みに前掲訳書には「釘(タイル)」とルビするのだが、これは「ネイル」の誤植であろう)。》

 

 以上で、この「錐」の部分の長い注を終了する。ああ! 楽しかった!!

« 停滞にはあらず | トップページ | 今日も停滞にあらず »