フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 現実とは | トップページ | 桃の木   山之口貘 »

2014/04/16

飯田蛇笏 靈芝 昭和九年(百七句) Ⅳ



大乳房たぷたぷ垂れて蠶飼かな

 

貧農は彌陀にすがりて韮摘めり

 

虎杖に樋の水はやし雨の中

 

[やぶちゃん注:老婆心乍ら、「虎杖」は「いたどり」(タデ目タデ科ソバカズラ属イタドリ Fallopia japonica )である。イタドリは生薬名を「虎杖根(こじょうこん)」と称し(それが当て字の漢名の由来)、利尿や生理不順に効果があるとされ、また若芽を揉んで傷口に塗付すると痛みを和らげる効果があることから、和名イタドリとは「痛み取り」の転訛したものとされる(因みに私は昔から「スッカンポ」と呼んでいて、今でもアリスの散歩の途中で見かけると時々齧る)。]

 

さきがけて蕗咲く溪の谺かな

 

   溪流夜振

歩み去りあゆみとゞまる夜の蟹

 

[やぶちゃん注:「夜振」は「よぶり」と読み、夜、カンテラや松明を燈してそれに寄ってくる魚などを網やヤスで採る川漁の一種。集魚灯を燈す海漁のそれは「夜焚」(「よだき」「よたき」)とすることが多い。孰れも夏の季語。因みにここに出る「蟹」は、まず多くの人は軟甲綱真軟甲亜綱ホンエビ上目十脚(エビ)目抱卵(エビ)亜目短尾(カニ)下目サワガニ上科サワガニ科サワガニ Geothelphusa dehaani をイメージするとは思う。夜行性であり、前書の「溪流」とあるのにも最もマッチし、「歩み去りあゆみとゞまる」というのも湿った渓流の河岸川上の岩蔭を背景とし、赤や青の甲羅の色も闇に点ずるそれとしても効果的である。但し、私は一読した際、「歩み去りあゆみとゞまる」という動きにもっと大きな蟹の水中での動きをイメージした。即ち、短尾(カニ)下目イワガニ科モクズガニ Eriocheir japonica である。「溪流」で蛇笏のいる甲府でモクズガニはとおっしゃる方のために、「長野県水産試験場」公式サイト内の「信州の魚たち」の諏訪湖カニ」の「モクズガニ」の項に『全国的に分布し、普段は川の上流にすんでいますが、河口付近で産卵するために海に下ります。海で育った子ガニは川をさかのぼり、かなりの上流にまですみついています。松本や甲府などでも捕獲の記録があります。最近、富士川水系の釜無川上流で小学生に見つけられ』ているとあることを附記しておく。これがモクズガニでしかも甲府の景であったとしても何ら問題はないということである。]

« 現実とは | トップページ | 桃の木   山之口貘 »