フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 五 受精 (3) 第十章~了 | トップページ | 「中島敦 南洋日記」附録(帰国前後から現存する死の一ヶ月程前の最後の書簡) »

2014/04/25

飯田蛇笏 靈芝 昭和九年(百七句) Ⅹ 河童供養 ――澄江堂我鬼の靈に――

  河童供養

    ――澄江堂我鬼の靈に――

 

河童に梅天の亡龍之介

 

[やぶちゃん注:「亡」は「なきがら」と訓じているか。]

 

ほたる火を唅みてきたる河童子

 

[やぶちゃん注:先行する「手花火のほを唅まなと思ひけり」の注と同じく、「唅みてきたる」の「唅」は底本では「唫」であるが、この字は訓ずるとしても「どもる」(吃る)「つぐむ」(噤む)「すふ」(吸ふ)/「吟」の古字として「なげく」(嘆く)「うめく」(呻く)「うたふ」(歌ふ)/「けはし」(険し)しかなく、相応しいものがない。jin*ok*5*0 氏のブログ「日々の気持ちを短歌に」の「句集『霊芝』(22)(飯田蛇笏全句集より)昭和九年年(八)」には角川書店発行新編「飯田蛇笏全句集」よりこの句を引かれて「唅みてきたる」とある。これならば「唅(ふく)みてきたる」で腑に落ちる。ここは底本ではなく、リンク先の「唅」の字で採った。「河童子」は「かはどうじ」と読ませているか。無論、先の蛇笏自身の龍之介悼亡の句、

 

  芥川龍之介氏の長逝を深悼す

たましひのたとへば秋のほたるかな

 

をインスパイアした句である。]

 

水神に遅月いでぬ芋畠

 

河童の手がけてたてり大魚籃

 

[やぶちゃん注:「河童」は「かはわろ」と訓じているか。]

 

河童祭山月これを照らしけり

 

[やぶちゃん注:「河童祭」は「かつぱさい」と読んでいるか。芥川龍之介の忌日「河童忌」の言い換えであろう。]

 

河童の戀路に月の薔薇ちれる

 

[やぶちゃん注:「河童」は「かはわろ」と訓じているか。]

 

濠の月靑バスに乗る河童かな

 

[やぶちゃん注:龍之介の句「靑蛙おのれもペンキぬりたてか」へのオードである。]

 

水虎鳴く卯の花月の夜明けかな

 

河童子落月つるす夜の秋

 

河童の供養句つづる立夏かな

 

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 五 受精 (3) 第十章~了 | トップページ | 「中島敦 南洋日記」附録(帰国前後から現存する死の一ヶ月程前の最後の書簡) »