フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« その畠   山之口貘 | トップページ | 耳嚢 巻之八 駒井藏主幽魂奇談の事 »

2014/04/13

たねあかし   山之口貘

 たねあかし

 

この日 一家を引き連れて

疎開地から東京に移り

練馬の月田家に落ちついた

ミミコはあたりを見廻していたのだが

ふたばんとまったらまたみんなで

いなかのおうちへ

かえるんでしょときくのだ

ぼくはかぶりを横に振ったのだが

疎開当時のぼくはいかにも

鉄兜などをかむってはたびたび

二晩泊りの上京をしたものだ

ミミコはやがて庭の端から戻ったのだが

とうきょのおにわってどこにも

はきだめなんか

ないのかしらと来たのだ

ぼくはあわてて腰をあげてしまい

田舎の庭の一隅をおもい出しながら

おしっこだろうときけばずばり

こっくりと来てすまし顔だ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月12日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、ミス・タイプを発見、本文を訂正、さらに注の一部を改稿した。】旧全集では一行目が、 

この日一家を引き連れて 

となっているが、この詩篇では清書原稿を底本とした思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」では字空けが施されてある。新全集を採る。また同様に旧全集は七行目が、 

かえるんでしょうときくのだ 

となっているが、新全集では「う」がない。これもミミコさんの言葉らしい新全集を採った。

 初出は昭和二六(一九五一)年二月発行の『人間』(神田駿河台の目黒書店発行の雑誌)。

「月田家」再注しておくと底本第四巻の辻淳氏の編になる年譜に、昭和二三(一九四八)年三月に戦前の昭和十四年(静江さんとの婚姻後二年目)から勤めてきた東京府職業安定所の職(生れて始めての、そしてただ一度の社会的な意味での定職であった)を退き、文筆一本の生活に入ったとあり、その四ヶ月後に上京(バクさん一家は昭和十九年に茨城県結城の妻静江さんの実家に本人も一緒に疎開、驚くべきことに東京まで四時間近くかけての汽車通勤を戦後も続けていた)、練馬区貫井(ぬくい)町の月田家に間借りしたとある。

 長女泉(ミミコ)さんの名誉のために附言しておくと、転居した当時、ミミコさんは未だ満四歳であった。

« その畠   山之口貘 | トップページ | 耳嚢 巻之八 駒井藏主幽魂奇談の事 »