フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(2) | トップページ | 船   山之口貘 »

2014/04/10

人の酒 / 博学と無学 / 奴   山之口貘

 人の酒

 

飲んでうたっておどったが

翌日その店の名をきかれて

ぼくは返事にこまった

人の酒ばかりを

飲んで歩いているので

店の名などいらないのだ

 

[やぶちゃん注:初出は昭和二六(一九五一)年十一月四日附『サン写真新聞』第一八三一号。以下の同一雑誌の掲載号から日刊であったことが分かる。発行人は東京都千代田区有楽町の「サン写真新聞社」結城慎太郎とある。ウィキサン写真新聞によれば、『日本初のタブロイドサイズの夕刊専売新聞として1946年に創刊した新聞で』、『当時の新聞は太平洋戦争発生以後規制されていた夕刊が再開したものの、当時は政府当局の指導もあり製紙事情から新聞の増ページが認められなかったので実質上夕刊の発行ができなかった。その為全国紙の系列という形で夕刊専売紙を発行したが、サン写真新聞も毎日新聞の系列夕刊紙として発行された』。『タイトルが示すとおり、一般全国紙と違うのは写真記事を中心にした構成で、戦後復興を目指そうとする日本の表情を写し出す紙面づくりを目指した。1960年に廃刊されたが』、『その後創刊された夕刊フジや日刊ゲンダイなどの夕刊タブロイド専売紙に大きな影響力を持った』とある(但し、最後の部分には要出典要請がかけられている)。]

 

 

 博学と無学

 

あれを読んだか

これを読んだかと

さんざん無学にされてしまった揚句

ぼくはその人にいった

しかしヴァレリーさんでも

ぼくのなんぞ

読んでない筈だ

 

[やぶちゃん注:初出は昭和二六(一九五一)年十月二十六日附『サン写真新聞』第一八二二号。]

 

 

 

 奴

 

では

死ねと云われたら

死ぬ気なのかときくと

奴はかぶりを振って去った

死ぬまで待つ気なら

死んでもよい

 

 

[やぶちゃん注:初出は昭和二六(一九五一)年十月十九日附『サン写真新聞』第一八一五号。]


【2014年7月10日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、「博学と無学」にミス・タイプを発見、本文を訂正、さらに「人の酒」の注に一部追加した。】

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(2) | トップページ | 船   山之口貘 »