フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 作者   山之口貘 | トップページ | ねずみ   山之口貘 »

2014/04/23

鼻の一幕   山之口貘

 鼻の一幕

 

かつておまえは見て言った

もしも自分があんなふうに

鼻がかけてしまったら

生きてはいまいとおまえは言った

生きてはいまいとおまえは言ったが

自分の鼻が落ちたとみると

なんとおまえはこう言った

命があれば仕合わせだと言った

命があれは仕合わせだと

おまえは言ったがそれにしても

物のにおいがわかるのか

鼻あるものらがするみたいに

この世を嗅いだり首をかしげたりするのだが

どうやらおまえの出る番だ

いかにも風とまぎらわしげに

おまえは顔に仮面をして

生きながらえた命を抱きすくめながら

鼻ある人みたいに登場したのだが

もののはずみかついその仮面を外して

きつねの色だか

たぬきの色か

鼻の廃墟もあらわな姿をして

敗戦国のにおいを嗅いだ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月22日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、ミス・タイプを発見、本文を訂正、さらに注に追加をした。】初出は昭和二二(一九四七)年新年号『中央公論』。ここまでが戦後の作品である。思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」は本篇では清書原稿を底本としている。そこでは連分けが施されていて読み易い。新全集のそれを以下に全篇示す。

 

 鼻の一幕

 

かつておまえは見て言った

もしも自分があんなふうに

鼻がかけてしまったら

生きてはいまいとおまえは言った

 

生きてはいまいとおまえは言ったが

自分の鼻が落ちたとみると

なんとおまえはこう言った

命があれば仕合わせだと言った

 

命があれは仕合わせだと

おまえは言ったがそれにしても

物のにおいがわかるのか

鼻あるものらがするみたいに

この世を嗅いだり首をかしげたりするのだが

 

どうやらおまえの出る番だ

いかにも風とまぎらわしげに

おまえは顔に仮面をして

生きながらえた命を抱きすくめながら

鼻ある人みたいに登場したのだが

ものゝはずみかついその仮面を外して

きつねの色だか

たぬきの色か

鼻の廃墟もあらわな姿をして

敗戦国のにおいを嗅いだ

 

 このバクさんの詩は徹頭徹尾、寓話(コメディア・デラルテ)である(と私は読む)点、バクさんの詩の中でも特異な部類に属するものと私は思うのであるが、個人的には非常に好きな詩の一つである。]

« 作者   山之口貘 | トップページ | ねずみ   山之口貘 »