フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和八年(四十四句) Ⅰ | トップページ | 橋本多佳子句集「信濃」 昭和十九年 Ⅴ »

2014/04/05

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「午後」(7) たそがれ Ⅳ

遠方(おちかた)へ行くてふ滊車の小窓より

あるとき見たる石楠(しやくなぎ)の花

 

[やぶちゃん注:「おちかた」はママ。]

 

さ霧(ぎり)たつ妻込山の鷄鳴に

ほの白々とあくる東雲(しのゝめ)

 

[やぶちゃん注:「妻込山」は校訂本文では「妻籠山」に訂されてある。長野県木曽郡南木曽町吾妻にある妻籠城址は別名妻籠山と呼ばれている。知られた妻籠宿の直近にある。ここか。]

 

くろがねの扉を固く閉す君

門の柱にすゝり泣くわれ

 

しかれども君てふものゝあることを

知らで過ぎたる十九またよし

 

遠方の村の白壁二三點

白々かなしく光る十月

 

[やぶちゃん注:原本は下句「白々なかしく光る十月」であるが、意味不明。校訂本文通り、「かなしく」の誤字と断じて訂した。]

 

町内の屋臺をひきし赤だすき

十四の夏が戀の幕あき

 

[やぶちゃん注:この一首は朔太郎満二十四歳の時の、『スバル』第三年第三号(明治四四(一九〇三)年三月発行)に掲載された

 町内の屋臺を引きし赤だすき十四の夏が戀の幕あき

の表記違いの相同歌。]

 

河岸藏のかの白壁ぞ戀しけれ

戀の手習いろいろのこと

 

さくさくと靴音させて中隊の

すぎたるあとに吹く秋の風

 

[やぶちゃん注:この一首は、朔太郎満二十六歳の時の、大正二(一九一三)年十月十一日附『上毛新聞』に掲載された、

 さくさくと靴音(くつおと)させて中隊(ちゆうたい)のすぎたるあとに吹(ふく)く秋(あき)の風(かぜ)

の表記違いの相同歌。]

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和八年(四十四句) Ⅰ | トップページ | 橋本多佳子句集「信濃」 昭和十九年 Ⅴ »