フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年十月 | トップページ | 中島敦 南洋日記 二月六日 »

2014/04/09

飯田蛇笏 靈芝 昭和八年(四十四句) Ⅴ



鰯雲后(きさき)の御輦葉山出し

 

[やぶちゃん注:「御輦」は「ぎよれん(ぎょれん)」と読んでいるか。「葉山」は葉山御用邸のことか。]

 

くろがねの秋の風鈴鳴りにけり

 

[やぶちゃん注:言わずと知れた蛇笏畢生の名句。大野林火「近代俳句の鑑賞と批評」によれば、これには以下の自註がある(恣意的に正字化した)。

   *

 山廬書斎の軒に四時一個の風鈴が吊られてある。本居鈴廼舍の鈴を眞似たわけでもなんでもなく、往年市で非常に良い音の風鈴を見ながら購めてきた。それを持ちこしてきてゐたのである。秋に生命。

   *

「本居鈴廼舍の鈴」国学者本居宣長は自宅の書斎鈴屋に門人を集めて講義をしたことから鈴屋大人(すずのやのうし)と呼ばれ、書斎名からも分かる通り、彼は鈴コレクターで、ウィキ本居宣長旧宅(三重県松阪市殿町に移築されて現存)によれば、宣長は『書斎の床の間の柱に掛鈴を吊り下げ、執筆活動の息抜きにそれを鳴らして音色を楽しんでいたという』とある。]

 

閑かさはあきつのくぐる樹叢かな

 

[やぶちゃん注:「樹叢」は「こむら」と読みたくなるが、ルビはないので「じゆそう(じゅそう)」と読んでいるか。]

 

音のして夜風のこぼす零餘子かな

 

[やぶちゃん注:老婆心乍ら、「零餘子」は「むかご」である。]

 

秋の風龍駕かゞよひ往き給ふ

 

[やぶちゃん注:「龍駕」は「りようが(りょうが)」(「りゅうが」と読んでもよい)で、天皇の乗る車。「かゞよひ」「耀ふ」で、きらきらと美しく光って搖れての意。]

« 篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年十月 | トップページ | 中島敦 南洋日記 二月六日 »