フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 184 父の喪 一句 | トップページ | すれちがいの娘   山之口貘 »

2014/04/09

西の家   山之口貘

 西の家

 

馬車屋馬車屋と

土地では言うのだが

馬車屋と言うといやがるそうで

ぼくのところではその馬車屋のことを

西の家と言っているのだ

西の家は馬車屋なので

荷馬車があって

栗毛の馬などがいて

いかにも物を運ぶ仕掛になっているのだが

馬車屋であることそのことばかりが

西の家の仕事なのではないのだ

かぼちゃはつくる

さつまはつくる

麦はつくる

米はつくるで

つくるたんびのその季節のものを

お手のものの馬車に盛りあげて

栗毛の馬がそれを運ぶのだ

ある日

杉木立のところで

西の家の馬車に出会した

馬車には婆がひとりのっかっていて

毛布にくるまってうなじを垂れているのだ

孫は手綱をふりふり

町の医者までと言うのだ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月8日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。注を全面的に改稿した。】初出は昭和二七(一九五二)年三月一日発行の三月特別号『群像』。直前の詩篇すえに続く「西の家」の物語である。同注及び『鮪に鰯』に収録されなかった詩篇東の家と西の家、後の方に出る詩篇「家」など詩や私の注も参照されたい。因みに、次の詩篇がい娘」に登場する「娘」もこの「西の家」の娘である。妻静江さんや娘のミミコさんら近親者を除いて、これらのように特定の登場人物が複数回異なる詩篇に登場し、しかもそれぞれの物語の中でそれぞれがその時々で微妙に違った役回りを演ずるように見える(しかし一貫したキャラクターではある)というのは、バクさんの詩の中ではかなり珍しいと言える。]

« 杉田久女句集 184 父の喪 一句 | トップページ | すれちがいの娘   山之口貘 »