フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和七年(七十二句) Ⅸ | トップページ | 中島敦 南洋日記 一月二十九日 »

2014/04/04

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「午後」(6) たそがれ Ⅲ



寒き風は吹くと思ひぬ故郷の

赤木牧場の古榎(ふるえのき)より

 

[やぶちゃん注:「榎」は原本では「櫌」。この字は鋤・犂(すき)や鍬、若しくは動詞でこなす・うちくだくの意で誤字であるから、校訂本文に従って「榎」とした。赤木には複数の牧場が現存するが、ネット上の調査では同定出来なかった。御存じの方は御教授を乞うものである。この一首は、前の一首と同じく『スバル』第二年第四号(明治四三(一九〇二)年四月発行)に掲載された、

 寒き風吹くと思ひぬ故郷の赤城の牧の古榎より

の類型歌。]

 

靑山の原に捨てたる文がらを

行方も知らず吹く冬の風

 

靴ぬぐとかの玄關の鋪石に

涙おとしぬ放浪の子は

 

[やぶちゃん注:原本では「鋪」は「石」+「甫」であるが、誤字と断じて、校訂本文に従い、「鋪」とした。]

 

君よぶと口笛ふきてかくれたる

昔の家の靑桐の花

 

ステツキを振りつゝ街を行くことの

悲しくなりぬ何となけれど

 

さかづきをかちと合はせて靴音と

樂の響のうづまきに入る

 

寒き夜もあひ抱き跳ること知らぬ

この島びとは憐れなるかな

 

[やぶちゃん注:「跳る」の「跳」はママ。校訂本文は「踊る」とする。「この島びと」不詳。]

 

歌舞伎座の運動場にて見し人を

伊香保の町の石段に見き

 

[やぶちゃん注:「歌舞伎座」原本は「歌舞妓座」。誤字として訂した。校訂本文も「歌舞伎座」とする。「歌舞伎座の運動場」というのは当時の歌舞伎座の内部に存在した施設である。ウィキ歌舞伎座によると、『歌舞伎座は、明治の演劇改良運動の流れを受けて開設された。この運動の提唱者の一人でジャーナリストの福地源一郎(福地桜痴)と金融業者の千葉勝五郎の共同経営で、1889年(明治22年)、東京市京橋区木挽町に開設された』ものを第一期とするが、「建物の変遷」の項の「第一期(1889年竣工)」によれば、この時の観客席は三層構造となっており、『3階の一幕見席の後ろには運動場を作り、ここに食品、小間物などの売店があ』ったとある。ちょっとイメージしにくいが、現在の遊戯室のような、スペースのことであろうか。識者の御教授を乞うものである。]

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和七年(七十二句) Ⅸ | トップページ | 中島敦 南洋日記 一月二十九日 »