フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 無銭飲食   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年五月 »

2014/04/04

羊   山之口貘

 羊

 

食うや食わずの

荒れた生活をしているうちに

人相までも変って来たのだそうで

ぼくの顔は原子爆弾か

水素爆弾みたいになったのかとおもうのだが

それというのも地球の上なので

めしを食わずにはいられないからなのだ

ところが地球の上には

死んでも食いたくないものがあって

それがぼくの顔みたいな

原子爆弾だの水素爆弾なのだ

こんな現代をよそに

羊は年が明けても相変らずで

角はあってもそれは渦巻にして

紙など食って

やさしい眼をして

地球の上を生きているのだ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月3日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。注を一部追加した。】初出は昭和三〇(一九五五)年一月一日附『琉球新報』で思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」解題によれば、『羊の群れを写した「平和な朝明け 札幌・月寒高原にて』というキャプションを伴った写真とともに掲載された旨の記載がある(写真は、『琉球新報』写真部員の撮影になるもの)。また同年同月一月下旬号(一月二十一日発行)『出版ニュース』にも再掲されている。因みに、写真の「月寒高原」について、私は行ったことがないのでウィキ月寒」に基づいて記しておく。現在は「つきさむ」と読み、北海道札幌市豊平区にある地名である(入植から昭和一八(一九四三)年までは「つきさっぷ」と呼んだ)。月寒の語源についは『諸説あるが、アイヌ語の「チ・キサ・プ」(chikisap、意味はチ=我々・キサ=こする・プ=もの)または「チ・ケシ・サプ」(丘の外れにある下り坂)がチキシャフとなり、それがなまって「つきさっぷ」となった説が有力である』とあり、現在「月寒高原」とは呼ばないようであるが、同所は丘陵であることが分かる。『現在では、札幌市営地下鉄東豊線が乗り入れており、月寒地区の南東部には札幌ドームが建設される等、札幌市の重要な住宅地のひとつとして発展を続けている』とある。

「羊」一九五四年のビキニ環礁の呪われたブラボー・ショットの作戦名が“Castle Bravo”、それを含むアメリカの一連の核実験“Operation Castle”の意が、「羊」作戦である点に注意されたい。]

« 無銭飲食   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年五月 »