フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和九年(百七句) Ⅰ | トップページ | その畠   山之口貘 »

2014/04/12

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(4)



湯あがりを惚れる女もあらんかと

あかるき夜の街をゆきゝす

 

[やぶちゃん注:「惚れる」は原本では「惣れる」。誤字と断じて校訂本文を採った。]

 

口をあけとぼけ面(づら)してある町の

二丁が程は知らで歩みき

 

[やぶちゃん注:「二丁」約二百十八メートル。]

 

居酒屋のまへにとまりてふところの

錢をかぞふることが樂しき

 

踵(かゝと)あげ怒りてものをぐさと蹈む

それが蟇がへるなりき氣味の惡さ惡さ

 

死なんとて蹈切近く來しときに

滊車の煙(けぶ)みて逃げ出したりき

 

[やぶちゃん注:「滊車」の「滊」は原本では(「米」+「氣」)であるが、誤字と断じて「滊」とした。校訂本文は無論、「汽車」とするが採らない。これは朔太郎満二十三歳の時の、『スバル』第二年第一号(明治四三(一九〇二)年一月発行)に掲載された一首、

 死なんとて蹈切近く來しときに汽車の煙をみて逃げ出しき

の類型歌。]

 

この男寢ても覺めても煙草のむ

悲しきくせをおぼへけるかな

 

[やぶちゃん注:「おぼへ」はママ。]

 

ボンボンの中より甘きキララソオを

吸ふ心もておん胸にゆく

 

[やぶちゃん注:「キララソオ」はママ。校訂本文は「キユラソオ」とする。採らない。“curaçao”(キュラソー)はリキュール酒の一種で西インド諸島のキュラソー島特産のオレンジの皮を味つけに用いるのでこの名がある。やや苦みのある甘い洋酒で酒精分三〇~四〇%と高い。色は無色・褐色・緑色など各種ある。]

 

ともすれば口をゆがめて延次郎(えんじろ)の

假聲(こはいろ)つかふ人を忘れず

 

[やぶちゃん注:「假聲(こはいろ)」はママ。校訂本文は「聲色(こわいろ)」とする。採らない。「延次郎」とは歌舞伎役者の名跡河内屋實川延二郎(じつかわえんじろう)と思われ、創作年代から見て、明治一九(一八八六)年に九歳で二代目實川延二郎の名で初舞台を踏み、後に延若(えんじゃく)を襲名(大正四(一九一五)年)した初代實川延若の長男二代目實川延若(明治一〇(一八七七)年~昭和二六(一九五一)年)かと思われる。参照したウィキ實川延若(2代目)」によれば、戦前、濃厚な上方の芸風が批評家に高く評価されたとあり、『口跡に優れ、時代がかった口調から急に世話にくだける間が絶品であった。類い稀な演技力もさることながら、立派な押し出しと色気の有る目元が、得も言われぬエロチシズムを生み出し、「油壷からでたような」という評が与えられた。その色気の力は『双蝶々曲輪日記・引窓』の濡髪をつとめたとき、あまりの凄さに与兵衛で舞台を共にした初代中村鴈治郎が嫉妬したほどだった』。『色気の有る芸については、延二郎時代、初めて東京の舞台に立ったときに「上味醂で煮上げたような」と評されている』とある役者である。]

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和九年(百七句) Ⅰ | トップページ | その畠   山之口貘 »