フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 竹林とその点景   山之口貘 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 五 受精 (2) »

2014/04/22

土地〈1〉〈2〉〈3〉   山之口貘

 土地〈1〉

 

利根川を渡って

私鉄にのりかえると

いきなり車内が

この土地らしくなるのだ

やろう ばかやろ

このやろだのと

そんな言葉がやたらに耳にはいって来て

この土地らしくなってくるのか

困ったところに

疎開したものだと

この土地生れの女房に話しかけると

女房はいささかあわてたのだが

このばかやろがと

言いそこなったみたいに

沖縄生れの

くせにと来たのだ

 

 

 

 土地〈2〉

 

東に柿の木 西には樫の木

南は栗の木まじりの松林

北から東へかけて竹林

竹林を背にしてそこに

古ぼけたトタンの屋根をかむって

首をかしげてたたずんでいる家

ここがぼくらの疎開先で

女房の里の家なのだ

奥のくらがりにいた老婆が

腰をあげて縁側に出て来たのだが

よく来たなあと歯のない口を開けた

女房の妹によく似た顔だ

老婆は両手をさしのべながら

女房の背中の赤ん坊に言った

どれどれこのやろ

来たのかこのやろと言った

 

 

 

 土地〈3〉

 

住めば住むほど身のまわりが

いろんなヤロウに化けて来るのだ

疎開当時の赤ん坊も

いつのまにやらすっかり

ミミコヤロウになってしまって

つぎはぎだらけのもんぺに

赤い鼻緒の赤いかんこで

いまではこの土地を踏みこなし

鼠を見ると

ネズミヤロウ

猫を見ると

ネコヤロウ

時にはコノヤロバカヤロなどと

おやじのぼくにぬかしたりするのだ

化けないうちにこの土地を

引揚げたいとはおもいながらだ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月22日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。注を一部改稿した。】三篇に対して清原稿を底本とした「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」では、標題の通り番号に括弧はない。初出は三篇とも昭和二二(一九四七)年六月号『人間』。
 この連作は昭和一九(一九四四)年十二月にバクさんが一家で疎開した妻静江さんの実家(茨城県東茨城郡茨城町飯沼)での凡そ三年間(発表時は未だそこにいた)を追懐した詩群である。娘のミミコこと泉さんはこの疎開をする六ヶ月前の昭和十九年三月に誕生している。]

« 竹林とその点景   山之口貘 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 五 受精 (2) »