フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(12) あそびや | トップページ | 杉田久女句集 206 病床景Ⅱ »

2014/04/25

橋本多佳子句集「信濃」 昭和二十一年 Ⅳ




雨の天(そら)たしかに雲雀啼いてゐる

 

なかぞらに虻のかなしさ子の熟睡(うまゐ)

 

[やぶちゃん注:「熟睡(うまゐ)」万葉集にも出る古語であるが、歴史的仮名遣は誤りで「うまい」が正しい。快い眠りを指し、ここでもその用法であるが、万葉の用例では男女の共寝を指すようである。]

 

田植季わが雨傘もみどりなす

 

[やぶちゃん注:老婆心乍ら、「田植季」は「たうゑどき」と読む。]

 

山吹や山水なれば流れ疾く

[やぶちゃん注:「山水」は「さんすゐ」ではなく「やまみづ」であろう。]

 

中空に音の消えてゆくつばな笛

 

[やぶちゃん注::「つばな笛」「つばな」は単子葉植物綱イネ目イネ科チガヤ Imperata cylindrica を指し、その穂を除いた葉で作った草笛のことをいっているものと思われる。]

 

ほととぎす髮をみどりに子の睡り

 

ほととぎす夜の髮を梳きゐたりけり

 

灯のもるる蕗眞靑に降り出しぬ

 

簾戸入れて我家のくらさ野の靑さ

 

霧がくる一輪の日や沼施餓鬼

 

沼波の靑沁むべしや施餓鬼幡

 

沼施餓鬼蟹はひそかによこぎりて

 

雨の沼螢火ひとつ光(て)りて流れ

 

[やぶちゃん注:「螢火」の「螢」は底本の用字。この沼施餓鬼(あやめ池であろうか)の句群はその妖しさに於いて私の偏愛するものである。]

 

金鳳華子らの遊びは野にはづむ

 

[やぶちゃん注:この佳句は「金鳳華」(キンポウゲ目キンポウゲ科キンポウゲ属 Ranunculus )の花が好きな人ならば文句なしに分かっていただけるものと存ずる。]

 

ひと日臥し卯の花腐し美しや

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(12) あそびや | トップページ | 杉田久女句集 206 病床景Ⅱ »