フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鼻の一幕   山之口貘 | トップページ | 兄貴の手紙   山之口貘 »

2014/04/23

ねずみ   山之口貘

 ねずみ

生死の生をほっぽり出して

ねずみが一匹浮彫みたいに

往来のまんなかにもりあがっていた

まもなくねずみはひらたくなった

いろんな

車輪が

すべって来ては

あいろんみたいにねずみをのした

ねずみはだんだんひらくたくなった

ひらたくなるにしたがって

ねずみは

ねずみ一匹の

ねずみでもなければ一匹でもなくなって

その死の影すら消え果てた

ある日 往来に出てみると

ひらたい物が一枚

陽にたたかれて反そっていた

 

[やぶちゃん注:【2014年7月22日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。注を一部改稿・追加した。】初出は昭和一八(一九四三)年七月号『山河』ここ以降の詩集「鮪に鰯」の最後の八篇は総て戦前の創作になるものである。『山河』は安西均・伊藤桂一らが出していた同人詩誌。同号の編集人は伊藤桂一で、発行は「山河発行所」(渋谷区八幡通1ノ21八幡荘)と思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の解題にある。

 以上から、これ以降の八篇については恣意的に正字化したものを注に掲げることとする(以下、この注は略す)。

   *

 

 ねずみ

 

生死の生をほっぽり出して

ねずみが一匹浮彫みたいに

往來のまんなかにもりあがっていた

まもなくねずみはひらたくなった

いろんな

車輪が

すべって來ては

あいろんみたいにねずみをのした

ねずみはだんだんひらくたくなった

ひらたくなるにしたがって

ねずみは

ねずみ一匹の

ねずみでもなければ一匹でもなくなって

その死の影すら消え果てた

ある日 往來に出てみると

ひらたい物が一枚

陽にたたかれて反そっていた

 

   *

 本詩は一読、私の偏愛する梅崎春生の小説「猫の話」を直ちに想起させるものであるが、梅崎のそれは内容からも歴然としているように、昭和二三(一九四八)年九月号の『文藝』が初出で(同年十二月河出書房刊の梅崎の作品集「B島風物誌」に所収された)、バクさんのこの詩よりも五年後の小説で、しかも「猫の話」は明らかに戦後を舞台としている(因みに、梅崎の「猫の話」は、「輪唱」という総標題を持つ「いなびかり」「猫の話」「午砲(一般には「どん」と読む)という、やや関連を感じさせる三篇から成るアンソロジー風の小説の中の一篇であって、独立した短篇小説ではないので注意されたい(少なくとも梅崎自身はそうしたものとして確信犯で書いていると思われる。かつて「午砲」の方は中学校の国語教科書に、「猫の話」は高等学校の国語教科書によく採録されていたので(私は載らなくなってからも退職するその年までずっと教材として扱い続けた。本作を朗読すると必ず誰かがそっと鼻を啜るのが聴こえたものだった。それが私の国語教師の数少ない勲章の一つであった)、これらを単独の小説と認識しておられる方がかなり多いと思われるので一言附け加えた)。]

« 鼻の一幕   山之口貘 | トップページ | 兄貴の手紙   山之口貘 »