フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 編棒   山之口貘 | トップページ | 鹿と借金   山之口貘 »

2014/04/05

蕪の新香   山之口貘

 蕪の新香

 

見おぼえのある顔だとおもっていると

芹田ですと来たのでわかったのだ

かれはいつぞや原稿の催促に

ぼくのところを訪ねて来たのだ

ぼくのところでは生憎と

なんにもない日ばかりがつづいていたので

来客のたんびに夫婦してまごついたのだ

それでもお茶のかわりにと

白湯を出してすすめ

お茶菓子のかわりに

蕪の新香を出してすすめたのだ

かれはしかし手もつけなかった

いかにも見ぬふりをしているみたいに

そこにかしこまってかたくなっているのだ

足をくずしてお楽にとすすめると

これが楽ですとひざまづいているのだ

蕪の新香はきらいなのかときくと

こっくりに素直さが漂った

ぼくは今日の街なかで

かれに逢ったことを手みやげにして

芹田君に逢ったと女房に伝えたのだが

女房にはすぐに通じなかった

蕪の新香のきらいなと言うと

あああの芹田さんかとうなずいたのだ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月7日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。初出を注に追加した。】初出は昭和二九(一九五四)年三月号『世潮』。この雑誌は「せちょう」と読み、東京都千代田区一番町にあった民主評論社の発行していた文芸誌と思われる。同年二月に第一巻第一号が発行されている。

 私はこの芹田君(不詳)に逢ってみたくてたまらない。]

« 編棒   山之口貘 | トップページ | 鹿と借金   山之口貘 »