フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和八年(四十四句) Ⅵ | トップページ | 耳嚢 巻之八 讚岐高松善通寺狸の事 »

2014/04/11

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 旗立山

    ●旗立山

長者園の後丘をいふ、治承四年北條父子、此山上に旗押立てゝ和田義盛と戰ふ故に此名ありと。其顚(いただき)に登れば、長者が崎の風光杖履の下に落ちて、東は三浦の三崎より城が島の遠景、伊豆の大島、下田の邊より富岳西に聳えて、筥根大山の諸嶺、近くは稻村が崎、七里が濱、江の島を望み、三面大海を控へて、吹くや汐風の。碧波渺漫(へきはべうまん)としてはてもなく、目に遮るものとてはほのめく白帆の影のみ。

[やぶちゃん注:冒頭の「逗子案内」の部分に注したように、現在、多くの情報が先に出た葉山町堀内にある鐙摺山の別名を旗立山としているが、本記載はこのように全く別な山として自信を持って記載している。次の「大崩」の冒頭で筆者は大崩は「旗立山の麓南に面せる海岸」としており、この叙述に従えば、国土地理院の図で南面の大崩と北の下山口の間の、旗を立てたように電波塔の記号の立つピーク(本文の「丘」が相応しい)がそれと読める。

「和田義盛と戰ふ」誤解を生まぬようにするならば「和田義盛とともに戰ふ」である。この位置からは所謂、治承四(一一八〇)年八月二十四日の由比ヶ浜・小坪合戦後に続く、三浦氏に対する平家方畠山重忠らの衣笠城合戦(二十六日。二十七日に落城)の前哨戦の一齣ということになる。

「杖履」は「ぢやうり(じょうり)」と読む。外出のための杖と履物で足元の意。]

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和八年(四十四句) Ⅵ | トップページ | 耳嚢 巻之八 讚岐高松善通寺狸の事 »